TOPへ

オンライン対談 第1回


【対談の内容】

名前: セシリアさん
年代: 50代
自己紹介: 埼玉在住の活動的なおばちゃんです。「人生楽しく」がモットー
病名/進行ステージ: 卵巣癌(漿液性腺がん) Stage III C
受けた治療:
2012年7・8・9月 マンスリーでタキソール+カルボプラチン(入院して点滴)
2012年11月 手術 左右卵巣+子宮 全摘、大網 切除、骨盤内リンパ節 57個郭清
2013年1月 タキソール+カルボプラチン 標準量  2月副作用が激しいため20%減薬
2013年3月 副作用が激しいため2月から更に20%減薬

治療期間: 2012年7月~2013年3月末 9ヶ月間

・がんの診断が下りてから、治療を始めるまでにされたことは?
実は、時間がなくて何もできませんでした。担当医との面談時に、その場で、ガンを告知され、入院しての治療開始が、4日後ということでした。
あまりにも慌ただしく、時間的余裕も、体力的余裕もなく、何もできなかったのが実情です。


・では、当時を振り返り、今だったら、治療開始までに、何をされると思いますか?
私は、病院が、自分の病気の治療に適した施設かを確認します。
当時は、病院のホームページ(HP)すら観なかったのですが、今ならそれを確認します。記述の質や、記述量だけでも、病院の力を入れている分野や得意分野がある程度わかるからです。
私の場合は、卵巣がん、だったのですが、病院によっては、産婦人科で、産科専門医が診る場合もあります。この場合、専門性がないお医者さんになりますので、例えば、婦人科がんの治療には、婦人科腫瘍専門医が、その病院にいるのかを、確認し、治療を受けるのが良いと思います。その方が、予後も良いと聞きます。


・家族や、会社、お医者さんとのコミュニケーションで苦労されたこと、やって良かったこと。
80歳過ぎの親に、自分がガンであることを伝えるのに苦労しました。親が、娘のガンを知り、パニックに陥る恐れがあり、私から親に、ガンのことを伝えることは出来ませんでした。ですので、自分から伝えるのではなく、1週間後に、私と妹夫婦も同席する場で、お医者さんから、私のガンを伝えてもらいました。

会社に関しては、実は、先に退職の予定があり、その後、ガンが見つかりました。だから、治療期間中の就業についてのお話は無かったです。 私の場合レアケースだったため、人事部が傷病手当の規定を読み違えてしまい、危うくもらい損ねるところでした。都の労働相談の方から指導してもらいやっと支給してもらえました。また、失業手当の支給延長にしても、市役所の担当者の説明が二転三転し、県庁に電話してやっと了解しました。会社の人事部やお役所の担当官、必ずしも全員が事務に精通している訳ではないことに注意が必要です。


・今後、もし、再就職したり、雇用される場合は、新しい会社に、自身のガンのことを、事前に伝えますか?
就職のケースにもよると思いますが、事前に説明する予定です。なぜなら、退職から再就職までのブランクの期間、何をしていたのか?聞かれるので、病気治療をしていたことを隠すと、あとあと、トラブルになり得ると思うからです。これからも、経過観察で病院に行かなくてはなりませんし、事前にしっかりご説明しておけば、体調の悪い日に、お休みも取りやすいでしょうから。


・お医者さんとのコミュニケーションは、いかがでしたか?
私は、ラッキーなことに、とても理解のあるお医者さんが担当して下さり、コミュニケーションで苦労したことは、あまり、ありませんでした。


・治療中、リハビリ中、心の浮き沈みに、どのように向き合いましたか?
お恥ずかしながら、まったく褒められたもんではないですが(笑)、部屋にひきこもって何日も口をきかなかったり、ガラスを割ったりしました。日記を書いたり、旧くからの友人と話すことで気持ちを建て直しました。
あと、5yearsのように、ガン経験者の方と話して、とても気が楽になったことがありました。やはり、ガンを経験し、乗り越えて行った人たちと、話すことは、精神的に、とてもいいと思います!!!


・自分と向き合う時、他に、やって良かったことはありますか?
実は、「終活」をしていました。つまり、これまで、自分がお世話になった方々に、お礼の言葉を書き出したんです。そうしたら、こんなにも多くの方に、お世話になり、支えられたんだとわかり、そうしたら、「このまま、死ねるか!」という、前向きな気持ちになっていったんです。
そんな、気持ちの変化が起こったことが、私には、とても良かった、と振り返ります。
終活をすると、自分とって本当に大切なものは何かが明確になります。また、感謝のことばを綴ると、不思議に自分の内側から力が湧いてきます。絶対お勧めです。


・ご自分は、なぜ、がんサバイバーになれたと思いますか?
正直、運が良かったと思います。
でも、私の楽天的な性格が、良い結果を生んだと思います。例えば、抗がん剤が、50%の人に効果的、とあると、「たった、50%しか効かないのか」と、思うのではなく、「50%も効くんだ」と思うんです。
そうして、ポジティブに考えられたことが、良い予後につながったと思います。


・治療中、他の人からかけられた言葉で、嬉しかった言葉は何ですか?
私は副作用が激しかったこともあり、「こんな治療を受けて、今後、どうなるんだろうか、、」と疑問に思った時がありました。その時、仕事の先輩から、「治療が終わったら、また一緒に働きましょう」といわれ、とても、勇気づけられました。
ガン治療が終わってからの、私の人生に、目標を与えられた気持でした。
とても感謝しています。


・リハビリ期間中、苦労されたこと、学んだ教訓。
抗がん剤の副作用で、骨髄抑制が発症し、白血球の数値が低下して、感染症危険が出ていた時がありました。なるべく、人との接触を避けなくてはいけない、大事な時でした。
そんな時に、事情を良く解っていない、親戚や知人が、お見舞いに来て、困ったことがありました。
人と会いたくないときに、良かれと思って、お見舞いに来てしまう人たちには、苦労しました。
もし、今後、同じ状況になったら、その時は、看護師さんとかから、「今は、感染症の危険があるので、患者さんのために、面会はやめて下さい」と伝えてもらおうと思います。


・女性特有のガンだったことから、苦労されたことは、ありますか?
40歳前に卵巣癌や子宮がんを発症された方は女性特有の臓器を失うことで悩まれる方もいらっしゃいます。破談になったり、離婚された方もいらっしゃいます。先日、「女性特有のガンの社会的認識を向上させよう」というキャンペーンに参加したのですが、その際、製薬会社の女性社員たちが、ベビーカーで、お子さんと一緒に、何名も参加していて、趣旨を全く理解していないことに幻滅しました。


・今後の夢、今後、やろうとされていること
自分のやりたいことを、我慢しないで、どんどん、やっていくことです。そして、私の闘病経験を、他の方にお伝えし、活かしてもらって、他の方々のQOLが向上するような活動をしたいです。


・最後に、大久保より:
では、是非、5yearsのインフラを使って、こういう活動をやってみたいというものがあれば、仰って下さい。セシリアさんの、やりたいことを、5yearsで、サポートできれば、嬉しいです。