TOPへ

「再発・転移・予後」に関する相談一覧 (76件)

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

【会員登録者】

  • がん患者(16,295人)に向けて相談・質問できます。
  • 質問・相談(76件)の回答コメントを見られます。
    例)副作用・後遺症・不安・治療経過・受けた治療・近況ブログ

5years事務局
質問日時:2021-02-27 14:47:09
最終コメント日時:2020-11-19 14:01:55

<高齢の子宮頸がん患者さんから、治癒されたかたの情報が欲しいとのことです。ご経験者のかたはコメントをお願い致します>

こんにちは。
ご相談申し上げます。よろしくお願いします。

64歳女性です。


2017年子宮頸がんⅢAをIMRTで治療しました。
2020年2月腹部リンパ節腫大が見つかり、その経過観察中の2020年5月、原発肺がんⅠAaが見つかりました。

そこから国立がん研究センター東病院にかかることとしました。
腹部リンパ節放射線治療の予定が考慮されてましたが、それに先立って7月に左肺上葉切除手術を行いました。

原発肺がんは再発リスクはないそうですが、
そのがん細胞検査で、肺門リンパ節5個から子宮頸がん転移が3個見つかりました。

2020年10月現在、婦人科担当医師からは、
根治は見込めないこと、治らないこと、腹部リンパ節、肺門リンパ節の治療は行わず、今後は、3か月ごとのCT検査を行い、症状(臓器にがんが発症する等)が出たら延命治療として抗がん剤治療を行う、との診断と治療方針を言われています。

骨盤内にがんはない、とのことですが、

このままでは、リンパ節の転移がんが拡がって延命治療を行うレベルになるまで、ただ待っているだけのようで不安です。

医師は、「リンパ節に転移があるという事は身体にがんが巡っていると考える、リンパ節の放射線治療は副作用がリスクになる、無症状の今の状態を大事にして下さい」、と云っています。

尚、同病院の放射線治療医に、陽子線の治療は行えるか、尋ねたところ、転移は適応ではない、との回答がありました。

2か所のリンパ節転移があるだけで、もう根治は出来ない、との診断を受け入れられないでいます。

オリゴメタという考え方があるらしいのでそれで治療できないか、尋ねましたが、「症状が出なかったら何もしないのが一番長生きする」と云います。

私のような状態の人で治った人いらっしゃいますか?
ご教示お願い申し上げます。
どうぞ、よろしくお願いします。

   回答とコメントを見る  1 件

5years事務局
質問日時:2021-02-01 22:19:52
最終コメント日時:2021-02-25 10:43:33

<がん再発の不安で悩んでいるかたからです。配慮ある優しいコメントをお願い致します>

こんにちは。
ひよこと申します。

「これまでの経緯について」
2019年12月に乳腺原発のDLBCLの罹患が発覚し、同年同月に入院し初回のR-CHOP治療を受け合計6クールの治療後2020年6月に寛解診断となり、現在経過観察中。

「以下お伺いしたいこと」
私は諸事情により自分の病気について充分な知識を持てないまま治療に入ってしまい治療期間中も治療をこなすだけで精一杯な状態でした。

経過観察に入りあらためて自分の病気に向き合い調べていくと自分の病気のタイプは再発しやすいと知り再発する可能性が頭から離れません。

皆さんはどうやって再発の不安と向き合っているのでしょうか。

がん細胞の遺伝子学的サブタイプから再発の可能性や予後の目安がついたりするそうですが、再発の不安と向き合っていく段階でその検査を受けた方や受けることをリクエストされた方はいらっしゃいますか。

再発を考えない日はなく、よろしくないことに家庭内の軋轢が生じたり仕事上の問題で心が折れそうになると再発して日常から逃避することを望んでしまい、どうにかしてこの状態から脱却したいと思って皆さんのお力を借りたいです。

再発の不安、皆さんの向き合いかたを教えてください。
どうぞよろしくお願い致します。

   回答とコメントを見る  7 件

5years事務局
質問日時:2021-02-13 09:31:02
最終コメント日時:2021-02-14 00:26:13

<骨髄移植後、様々な悩みを抱えられているシングルマザーのかたからです。似た経験のあるかたはコメントをお願い致します>

はじめまして。48歳女性です。
2019年5月に急性骨髄性白血病が発覚、化学療法を開始して3度目の際、骨髄移植で無ければ治らない型と宣告されました。
私には弟がおり、病院からは兄弟からの移植であれば大丈夫!と期待されていましたが彼の骨髄は私とは型が合わず、骨髄バンクからの提供を待つことになりました。

激しい治療に耐える中、ドナーさんがみつかり11月に移植が叶いました。
その後も更にGVHD等で自分を失わないのが精一杯の厳しい状況が続きましたが、無事寛解し2月に退院することができました。
再度3月に原因不明の高熱で再入院しましたが2週間程で退院できました。
それから一年、私は自宅で過ごしています。
移植ができて、今、生きている。

私は幸せものです。
色んな方にも感謝でいっぱいです。

ですが、移植後から医師に言われ続けた"貴女はもう女性ではありませんから"
という言葉がどうしても受け入れられませんでした。

そこで漸く婦人科での診察許可が出た為、診て頂き女性ホルモン治療の選択肢を知りました。
その治療には乳がんの可能性が出てくるリスクがあります。
これを始めましたが続けて良いものかどうか。

私はシングルで2人の息子がいます。
長男は私が入院中に発達障害と診断され施設で過ごすことになりました。
彼ももう22歳、子育ての最中はどうにも変わった子だなと思っていましたがまさか障害があったなんて。
気がついてあげられず彼を思うと切なくなります。

ですが長男は施設で取組む農業が好きなようです。
その息子達に私は強く生きようとする姿を見せたいのです。
母として、人が逞しく生きることを伝えたい。

でも医師からはいつ再発するのか、また再発でなくとも移植患者は癌になりやすいとか…。
元気ならば一緒に畑仕事もしたいですが、土も触るのが禁止な上、コロナでは彼の施設にも行けないでいます。

もし同じ様な環境、または経験をされた方がいらっしゃいましたらどの様な判断をしてどう過されていらっしゃるかお聞かせ頂けたらありがたいです。

   回答とコメントを見る  4 件

5years事務局
質問日時:2020-08-11 17:11:23
最終コメント日時:2021-01-14 03:10:42

<精巣腫瘍の患者さんで、足のむくみ、便通で悩まれている方からです。ご経験者のかたはコメントをお願い致します>

はじめまして。
今年の春に精巣腫瘍の後腹膜転移で抗がん剤BEP療法3クールを受け、6月に無事終えたものです。

3クール最後のCTでは腫瘤が少し(3cm?)残ってる様子といわれるも、7月のPET-CTでは該当の後腹膜には光っているところはないといわれ、9月に再度造影CTを撮影しその後の変化を見るまで様子見といわれました。
しかし、8月になって急に足がむくみ、便通も少し悪くなってきました。
8月に病院にいったところ血液検査では異常数値はないといわれ、様子見といわれて帰りましたが、ある日薬の相談で別のネットサイトで電話相談したところ、先述の腫瘍が腸管にくっついて腸管が狭くなったり、血流を悪くしてむくんでるのではないかといわれました。

かかりつけの病院は腸については腹膜で分けられてるため腫瘤は関係ないといわれましたが・・、ちょっと心配です。

(治療前2~3月にも便秘症状があったが、1クール目の治療で治まった感じでその後は太めで長い固形便が多く、下痢はほとんどなかった。)

同じような経験をした人はいますか?
これからの生活上の気持ちの持ち方についてアドバイスしていただけたらと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

   回答とコメントを見る  5 件

5years事務局
質問日時:2020-10-27 03:25:31

<甲状腺乳頭がんを経験された男性とお付き合いしている方から将来不安に関するご質問です。ご経験者のかたは、コメントをお願い致します。>

はじめまして。
私の彼氏は、2年半前に甲状腺乳頭癌で甲状腺全摘出及び放射性ヨード内服治療を行なっており、現在は経過観察でも問題なく、チラージンを服用しています。

お互い年齢的にも結婚を意識して付き合っており、彼のことがとても好きですが、将来のことを考えると不安になります。

具体的な懸念事項は、

①放射性ヨード内服治療を受けているため、自分達の子供に放射線による遺伝的影響が出ないか(妊孕性は低下していますが、問題視するほどではありませんでした)

②将来的な再発や転移(甲状腺癌は予後が良い事は認識しております)

ということです。

彼は私のことを幸せにしてくれるので、将来何があっても2人で乗り越えていきたいと思う反面、不安が絶えません。

もし、同じ経験をさらたかたがいらしたら、その後の状況を教えてください。

また、闘病されている方にこのようなことをお伺いし、お気持ちを害されましたら本当に申し訳ありません。

どうぞよろしくお願いいたします。

   回答とコメントを見る  0 件

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

【会員登録者】

  • がん患者(16,295人)に向けて相談・質問できます。
  • 質問・相談(76件)の回答コメントを見られます。
    例)副作用・後遺症・不安・治療経過・受けた治療・近況ブログ

会員登録する


会員登録する