TOPへ

ikor

治療中のメンバー

ikor

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(18911人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


【年代】40代

【都道府県】東京都

【職業】会社員

【自己紹介】

都内で働くサラリーマンです。どうぞよろしくお願い致します。

病状を勘案して2022年3月末で退職し治療に専念しています。

【ご登録時の状況】

2019年に10月に直腸がん(低分化)が発覚し、その時点でステージ3でした。術前放射線治療、手術、術後抗がん剤治療、人口肛門を経ていったんストマを閉鎖して経過観察になりましたが、2021年の11月に肛門部分の再発および骨への転移の疑いが指摘され、再び状況が一変したことで自分の中で整理がつかなくなりました。
2022年の1月、2月で腹膜播種と骨転移が確定でステージ4のダブルパンチ。なんとか気持ちを整理しながら治療を続けてます。

【思うこと、考えること】

同じような体験をされている方の考え方をご参考にさせて頂きたく思います。

【その他】

[血液型] B

[星座] 水瓶座

[趣味・特技] 映画鑑賞、旅行

[既婚/未婚] 未婚

[好きな食べ物] みかん

[好きなスポーツ] サッカー

[好きな季節] 春

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(18911人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


大腸がん


病歴・治療歴

2019年11月:大腸内視鏡検査で直腸がんが発見 リンパ節転移が認められたためステージ3

2019年11月:検査の途中段階で腸閉塞。排便が難しかったため術前から人口肛門設置。

2019年12月:術前の放射線治療を開始 ※翌年2月頃まで

2020年04月:手術により癌摘出

2020年06月:術後の抗がん剤治療を開始 ※9月頃まで

2020年12月:人口肛門閉鎖 (癌の位置的に肛門の筋肉を残せたため)

2021年11月:肛門部分の異物が巨大化してきたためMRI検査。全く関係ない骨の部位にも転移の可能性があることが発覚

2021年12月:手術により内肛門括約筋と骨盤内神経のがん細胞を切除。肛門は完全封鎖で再びストマとなる。また、骨盤内神経の一部を切除したことで自己導尿となる ※翌1月に退院

2022年01月:退院から約一週間後、腹部激痛のため救急車で入院するも原因不明で3日で退院

2022年01月:泌尿器科の診察で自力排尿で残尿20mlとなったため自己導尿は卒業。シロドシンは引き続き服用継続

2022年01月:抗がん剤を始めるにあたり12月の手術で腹膜播種であることが判明し現状では根治が難しいと医師から伝えられる

2022年02月:抗がん剤(オキサリプラチン+カペシタビン+アバスチン)を開始。腹膜播種であるために抗がん剤の期間は無期限。

2022年02月:外来で腰痛を訴えたところMRI検査を実施。11月に骨転移した癌の巨大化および他の背骨への転移が最低4箇所発見される。


治療を受けた病院

国立国際医療研究センター病院


会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する