TOPへ

母ちゃんの応援団長

家族のメンバー

母ちゃんの応援団長

家族のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(19531人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


【年代】40代

【都道府県】静岡県

【職業】会社員

【自己紹介】

2009年7月に大腸癌(直腸癌)の手術をしました。その後社会復帰して12年経過した母親です。
2021年12月膵臓癌(頭部)、肝臓に転移ありの為手術不可と診断されました。
2021年12月抗がん剤治療(FFN)開始しました。

【ご登録時の状況】

膵臓癌(頭部)肝臓に転移あり手術不可

【思うこと、考えること】

抗がん剤治療で進行が抑えられ、希望は寛解目指します。
母親の気持ちに寄り添い、安心して治療に専念してほしいです。
今後も大好きなおかんに寄り添って応援していきたいです。

【その他】

[血液型] B型

[星座] やぎ座

[趣味・特技] バイクツーリング、旅行

[好きな動物] 犬

[好きな食べ物] お蕎麦

[好きなスポーツ] 野球

[好きな色] 赤

[好きな季節] 秋

[ブログ] https://ameblo.jp/hiroyuki0008/

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(19531人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


膵(すい)臓がん (2021年12月)

この病気のエピソード
2021年12月膵臓癌(頭部)、肝臓への転移が見られ手術不可 2021年12月20日抗がん剤治療1クール目開始(FOLFIRINOX) 2022年1月6日抗がん剤治療2クール目開始(FOLFIRINOX) 2022年1月20日抗がん剤治療3クール目開始(FOLFIRINOX) 2022年2月3日抗がん剤治療4クール目開始(FOLFIRINOX) 2022年2月15日CT検査(腫瘍の大きさは変わってないものの抗がん剤効果ありと評価) 2022年2月17日抗がん剤治療5クール目開始(FOLFIRINOX) 2022年3月3日抗がん剤治療6クール目スキップ/血小板6.9(最低基準値7.5) 2022年3月10日抗がん剤治療6クール目スキップ/好中球数800(最低基準値1200前後) 2022年3月17日抗がん剤治療6クール目開始(FOLFIRINOX) 2022年3月31日抗がん剤治療7クール目スキップ(血小板7.4)(最低基準値7.5) 2022年4月7日抗がん剤治療7クール目スキップ(好中球1000)(最低基準値1200) 2022年4月14日抗がん剤治療7クール目開始(FOLFIRINOX/減薬) 2022年4月28日抗がん剤治療8クール目開始(FOLFIRINOX/減薬) 2022年5月10日CT検査(すい臓の影は薄く、肝臓の影は少し濃く見える/結果抗がん剤効果有と評価) 2022年5月12日抗がん剤治療9クール目開始(FOLFIRINOX/減薬) 2022年5月26日抗がん剤治療10クール目開始(FOLFIRINOX/減薬) 2022年6月9日抗がん剤治療11クール目開始(FOLFIRINOX/減薬) 2022年6月23日CT検査結果、FOLFIRINOXに耐性が出来たと判断・ジェムザール・アブラキサンに切り替え治療開始(3週連続治療/翌週休薬) 2022年6月30日抗がん剤(アブゲム)治療3週連続の内2回目スキップ(血小板4.1)(最低基準値7.5) 2022年7月7日抗がん剤治療3週連続の内1回目開始(アブラキサン・ジェムザール/減薬) 2022年7月14日抗がん剤治療3週連続の内2回目開始(アブラキサン・ジェムザール/2回目と同量) 2022年7月21日抗がん剤治療3週連続の内3回目スキップ(血小板4.1)(最低基準値7.5) 2022年7月28日抗がん剤治療合計4回目(アブラキサン、ジェムザール/2回目より更に減薬) 2022年8月4日抗がん剤治療合計5回目(アブラキサン、ジェムザール/4回目と同量)

患者さんとの関係

子供


大腸がん (2009年大腸癌(直腸癌)手術ステージ3)

この病気のエピソード
市立病院では人工肛門(ストーマ)にする内容で説明ありました。セカンドピニオンで県立癌センターに行き説明を受けた時は肛門温存でも腫瘍を取り除くことが出来る、と説明あり迷わずお願いしたことを覚えてます。病院により見解が違うことに驚きと怖さを実感しました。


会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する