TOPへ

unippo

治療終了のメンバー

unippo

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


【自己紹介】

【2018年8月初旬】
2018年6月初旬に子宮体がんの告知を受け、7月初旬に開腹による単純子宮全摘出術、両側付属器摘出術を受けました。
術前診断では、類内膜線癌G1〜G2ステージ1aだったのですが、術後、類内膜線癌G3である事が判明。再発リスクが低〜中になり、今週末からTC療法で抗がん剤を始めます。
【2019年6月下旬】
間もなく子宮体がんの手術から1年になります。
6クールのTC療法を終えてからは7ヶ月が経過しました。
更には、耳下腺腫瘍摘出手術から2ヶ月。
この耳下腺腫瘍は、2018年6月初旬に子宮体がんを告知された頃とほぼ同時期にわかった小さなしこりだったのですが、エコーやCT検査の結果が「恐らく良性の多形腺腫」だった為、後回しにしていたものです。
主治医も「まだ経過観察でも良いよ?」と言ってくれてはいたのですが、多形腺腫はいずれ悪性化する可能性もある為、遅かれ早かれ摘出しなければなりません。ならさっさと取ってしまおうと手術をお願いし、摘出してみたらば「低悪性度粘表皮癌」との事。
幸い全て取り切れているとの事で、後のPET-CT検査結果も異常なしの為、経過観察の身とはなっていますが、1年のうちに異なる2つの癌が発覚した事になります。

この登録者の情報を閲覧するにはユーザ登録が必要です

新規登録する