TOPへ

ロコ

治療終了のメンバー

ロコ

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(16650人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


【生まれた年】1958年

【都道府県】千葉県

【職業】主婦

【自己紹介】

2013年に 胸膜肥厚と診断され、半年毎にCTで経過観察しているうちに 大腿骨頚部骨折を起こし、半年後の2014年4月に骨のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫ステージ4と診断されR-choP8クールで寛解しました。

【ご登録時の状況】

2014年4月から9月までR-CHOP8クールで びまん性大細胞型B細胞リンパ腫が 寛解し経過観察中です。

【思うこと、考えること】

幸いに寛解して維持しています。が 再発の不安が続いています。

【その他】

[血液型] B

[星座] 魚座

[趣味・特技] ドライブ 読書

[既婚/未婚] 既婚

[好きな動物] ねこ

[好きな食べ物] 寿司

[好きな色] 水色

[好きな季節] 夏

[好きな音楽ジャンル] 1970年代の洋楽

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(16650人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


悪性リンパ腫



悪性リンパ腫

この病気のエピソード
リンパ腫と診断される5年位前から咳がよく出て、咳喘息と言われていました。胸部に違和感や軽い痛みを感じて同じ総合病院の内科でCTを撮ったところ胸部にこぶの様なものが映っていました。Dr.がリンパ腫かな~と呟き呼吸器内科に回されましたが、血液検査などから胸膜肥厚の診断で半年毎の経過観察になりました。Dr.からは、がんじゃないよと言われていました。当時高齢者施設で生活相談員をしていたのですが、仕事中に右脚に強い痛みが出て脚を引きずりながら早退しました。一向に痛みも引かず同じ総合病院の整形外科を受診すると原因は腰だとのことで帰宅しました。熱も出てくるし痛みも酷いので再度受診すると大腿骨頚部骨折で即入院人工関節の手術をしました。リハビリなどしながら過ごしていた半年後に息をすると胸痛がおこりその頃には、右側の肋骨に腫瘤を触れていました。また 同じ総合病院の内科を受診したところPET-CTであちこちに反応がありました。結核ではないかとか色々検査してもすべて陰性だったので がんの骨転移かななどと思っていました。生検したほうがいいとのことでしたが、他の大学病院に紹介状を書いてもらい受診すると かなり珍しいがんの可能性があるのでがんセンターの方が良いと言われ、原発不明がんとしてがんセンターを受診して生検の結果骨のリンパ腫と判明しDr.から良かったね 良くなるよと言ってもらえました。そして 治療し寛解し今に至っています。あー長かった~

患者さんとの関係

本人


治療を受けた病院

がんセンター中央(診断 1クール入院)がんセンター東(7クール通院)


会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する