TOPへ

かずきん

治療中のメンバー

かずきん

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。(運営:NPO法人5years)

新規登録してログインすると、このかたの以下の情報を閲覧できます。

  • すべてのプロフィール情報
  • 近況の投稿(=ブログ)
  • 病歴・治療歴・復帰歴

ぜひ、新規登録をして、がん闘病に役立つ詳しい情報を閲覧ください。NPO法人が運営する無料のサービスです。

新規登録する


【自己紹介】

2019年に舌白板症との術前診断で、舌の部分摘出術を行った結果、扁平上皮癌と診断されました。
舌の側縁に白みがかかり、染みるような痛みを感じだしたのは、手術のちょうど1年前くらいからでした。半年ほど放置するもだんだん痛みが増すため近所の歯医者を受診し、すぐに口腔外科を紹介されました。細胞診がひとまず陰性だったため白板症と診断されて、通院しつつうがい薬などでしばらく様子をみましたが良くならないため手術をしました。
手術後に全身精査を行って、転移はなくStage 1 と診断されましたが、術後11ヶ月で頚部リンパ節の後発転移といわれました。

※一部の情報だけ表示しています。(運営:NPO法人5years)

新規登録してログインすると、このかたの以下の情報を閲覧できます。

  • すべてのプロフィール情報
  • 近況の投稿(=ブログ)
  • 病歴・治療歴・復帰歴

ぜひ、新規登録をして、がん闘病に役立つ詳しい情報を閲覧ください。NPO法人が運営する無料のサービスです。

新規登録する


舌がん


患者さんとの関係

本人


病歴・治療歴

2018年10月:舌擦過細胞診 class2で陰性

2019年04月:舌部分切除術 病理で扁平上皮癌の診断

2020年04月:頚部リンパ節転移で頸部郭清術(I〜IV)