TOPへ

ごあいさつ



代表 大久保 淳一

 日頃より5yearsファイブイヤーズの活動にご支援を頂き、誠にありがとうございます。ごあいさつを兼ね活動の原点をご説明させて頂きます。

 私は初めてガンの告知をうけたとき、まるで真っ暗やみに突き落とされたような不安と孤独を感じました。

 それから間もなくして、ガン転移の告知、さらに合併症により肺線維症という病気の告知と続き、まさに深く暗い深海に沈んでいくような恐怖心と孤独感を味わいました。
 今なにをどうすればよいのか、どういう選択肢が自分にあるのか、どうやって何を決めればよいのか、これから自分の生活はどうなってしまうのか、自分の将来に明るい希望はあるのか…

 病院では病気と治療のことを説明してくれますが、患者と家族がかかえる不安とか疑問は、病気・治療に限らず生活全般の問題までと多岐にわたります。
 こんなとき、恐らく一番の助けになるのは自分と同じ病気を経験した人たちの話や、同じような境遇にあった人たちの実体験に基づく情報だと思います。

 診断がおりた直後の私は、「たとえ命は助かったとしても、自分の人生は下り坂に入り、何ひとつ元には戻らないのではないか…」と否定的に考えてしまいました。
 しかし、病気治療を終えカムバックしたスポーツ選手や芸能人が大勢いることを知り、病気すなわち人生下り坂などという考え方は間違いであると解りました。
 このように治療後、無事に社会に戻った人たちは有名人に限らず一般の人たちにも数多くいるはずで、そんな先人たちの存在が病気と向き合っている患者と家族の不安を和らげ、勇気づけるものと信じています。

 5yearsの活動は、私が闘病当時に「こんなサービスがあったら、どんなに良いだろうか」と感じたところから始まっています。

 このサイトには、治療を終え無事に社会に戻った人たちがたくさん登場します。そして治療中の人、ご家族、リハビリ途上の人、社会に戻った人が体験に基づくさまざまな情報を交換し、似た境遇の方々が交流を通じて明日へのエネルギーを生み出し合います。

 5years とは、そんなパワースポットのような場です。
 「病気をしても、人生は終わりではない」

 みんなで病気を乗り越え、元気に社会へ復帰し、患者と元患者に対する世の中のイメージを変えてみせようではありませんか。