TOPへ

NAAMTAAN

治療中のメンバー

NAAMTAAN

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。(運営:NPO法人5years)

新規登録してログインすると、このかたの以下の情報を閲覧できます。

  • すべてのプロフィール情報
  • 近況の投稿(=ブログ)
  • 病歴・治療歴・復帰歴

ぜひ、新規登録をして、がん闘病に役立つ詳しい情報を閲覧ください。NPO法人が運営する無料のサービスです。

新規登録する


【生年月日】1964年01月25日

【都道府県】愛知県

【職業】会社員

【自己紹介】

製造業技術者・開発者
2020年5月1日 非ホジキンリンパ腫びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 ステージⅢ→Ⅳと確定診断
経緯 2020年2月中旬頸部痛み 
   2020年3月耳鼻咽喉科を受診。まずは細菌性肥大の治療を進めるも効果乏しく、
   4月中旬にこちら側から生検を要請し、陽性所見。
   4月下旬にPET-CTおよび全身麻酔で生検  上記診断
   5月1日 頸部、肺部、腹部にPETでの集積を確認
   5月12日からR-CHOP開始
なお、過去数か月では発熱、体重減少、寝汗なし、倦怠感などの自覚症状はなし。頸部のリンパ節の腫れのみ。
当初は頸部当該部を抑えると痛いということから、血液内科でも診断も難しかった様子。
会社での健康診断はこの癌にはあまり効果的ではないですね。

【ご登録時の状況】

2020年5月16日現在入院中です。世の中、Covid-19の話題で持ちきりの中です。とりあえず基礎疾患持ちに分類されるので、気を付けなければなりませんね。
コンピュータでいろいろ見ていたら、当該サイトを見受けました。今後、数年先どうなるかわかりません。皆様に希望を与えるのか、その逆なのか。記録が途絶えたらすみません。

【思うこと、考えること】

●家族のこと、友達のこと、仕事のこと あらためて一人だけの責任では済まないことを考えている。
●結婚時に友人の保険屋から包められた三大疾病保険、入院給付金保険の二つに入っていて助かっている。当時は胡散臭いと思っていたが、いままで癌以外でも様々に入院してきており、そのたびに入院給付金に助けられてきた。今思い返しても、友人に感謝。

【その他】

[血液型] A

[星座] 水瓶

[趣味・特技] 星を見ること、風景写真

[既婚/未婚] 既婚

[長所] わかりません

[好きな色] 緑

[好きな季節] 春、秋

[好きな音楽ジャンル] 洋楽、

[ブログ] https://www.facebook.com/yoshio.sato.9

※一部の情報だけ表示しています。(運営:NPO法人5years)

新規登録してログインすると、このかたの以下の情報を閲覧できます。

  • すべてのプロフィール情報
  • 近況の投稿(=ブログ)
  • 病歴・治療歴・復帰歴

ぜひ、新規登録をして、がん闘病に役立つ詳しい情報を閲覧ください。NPO法人が運営する無料のサービスです。

新規登録する


悪性リンパ腫

この病気のエピソード
非ホジキンリンパ腫 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫らしい R-CHOP投薬開始時から8日目 0520 頸部リンパ腫れは数日で減少。現在白血球数減少中。白血球減少中は薬剤が体内に影響しているため、リンパ腫は縮小する。しかしながら、白血球が増加するころにはまた活発になってくるとの事。この繰り返しで5KURでPET-CTでの消失を狙う。

病歴・治療歴

2020年04月:針生検にて癌陽性のため、4月末に手術での生検実施。悪性リンパ腫確定診断。

2020年05月:R-CHOP投薬開始時から8日目 0520 頸部リンパ腫れは数日で減少。現在白血球数減少中。白血球減少中は薬剤が体内に影響しているため、リンパ腫は縮小する。しかしながら、白血球が増加するころにはまた活発になってくるとの事。この繰り返しで5KURでPET-CTでの消失を狙う。

2020年06月:2回目R-CHOP 6/5,6/8 白血球4200 手指のしびれが1回目よりも重度。また、足指のしびれも発生。一週間程度で便秘現象。このときが一番しんどいかも。後半は元気。とはいえ、自粛生活。

2020年06月:3回目R-CHOP 6/26,6/29 白血球3700 手指のしびれが2回目よりもやや重度。一週間で胃腸不調の疲労感発生。

2020年07月:4回目R-CHOP 7/16,7/20 白血球5400 なんちゅうシブトイ骨髄なんでしょう。味覚障害が激しくなりました。家族向けの料理の味付けが難しくなっています。

2020年08月:5回目R-CHOP 8/7 8/11 白血球3800 マーカー上昇中(別原因炎症棋院の可能性あり)

2020年08月:4月のPET-CTでの腹部集積部の原因調査のため特例でPET予定。リンパ腫であれば問題なし。多重癌であれば治療方針の再検討を予定する当初からの予定。

2020年09月:今日は先々週の検査結果を伺いました。心臓周辺リンパ節にPET-CT検出限界(5mm)以下の影がある。読影者報告は奏効状態だが、医師的には残存と考えるのが妥当であり、投薬継続で行きますとのこと。なお、多重癌の可能性が示唆された腹部集積は消失しており、リンパ腫であったと推定されたとのこと。これで第一段階クリアです。

2020年09月:第6回目R-CHOP開始

2020年10月:第7回目R-CHOP開始 9月の時点でsIL-2Rは基準値内に着陸であるが、PET-CT画像上ではまだ影が残っているので、あと二回で一旦奏効するか不安。12月にPET-CTの予定。

2020年10月:第8回目R-CHOP 23,26日実施。sIL-2Rは順調に下げ。PET-CTは1月の予定。それまでは1回/月の血液検査のみ。再燃しないよう祈るのみ。

2020年12月:11日。先週から頸部のリンパ節に違和感と痛みを感じたため、再燃を疑い、一週間早い受診。まずはCT検査を14日。18日に受診でCT検査結果も伺う。血液検査、CT検査のいずれにおいても再燃を示すデータは無いとの事。

2020年12月:23日。目眩が酷く、倒れたため急遽通院。頭部CTでは異常は認められないとの事。ただ、所詮はCTですので、1月4日のPET-CTの結果と併せて、必要あればMRIをしましょうとの事。今日の診断は眼球の眼振が確認できるので”頭位めまい症との事。ネットで調べてもその通りですが、どうしても悪い方向に取ってしまいますね。ここに書くことで、すこし気分が晴れます。

2021年01月:04日 最終治療日から2ヶ月2週間目のPET-CT。読影結果報告は22日。