TOPへ

コウ

治療中のメンバー

コウ

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(18911人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


【誕生日】03月24日生まれ

【都道府県】埼玉県

【職業】無職

【自己紹介】

61歳 肝臓、肺転移 胃癌ステージ4

【ご登録時の状況】

初めはハーセプチンとオキサリプラチンで治療してましたが、効かなくなり現在アブラキサンとサイラムザで治療中、最近足の痺れが強くなりサイラムザ単独投与を主治医に相談しようと考慮中
この間診察したら、CEAが上昇していた。
次回はCTを取るとの事、きっと大きくなってるんだろうな…オプジーボに切り替えるのかな?耳鳴りも相変わらず…でも支えてくれる妻もいるし、妻のためにも強い心が欲しい!このサイトを見ると色々な方が頑張っている。自分もくじけず前を見て、背筋をピンと伸ばして生きていかなければ!

7月7日CT検査の日でした。やはり肝臓に転移してる腫瘍が大きくなっていました。ハーセプチン、サイラムザと渡り歩きまだ10ヶ月…主治医と話し治験に参加しますか?それともオプジーボにしますか?って聞かれました。主治医は私の場合HER2が陽性であること、オプジーボはHER2陽性の場合効きが悪い可能性があるとのことで、治験に参加することにしました。あとどれくらい生きられるのかな?

2020年7月21日治療前以来の内視鏡検査でした。
初めに見た、サンゴ礁の様な腫瘍は今でもはっきり覚えてます。結果を聞きに診察室に入ると、そこには、サンゴ礁が写っているモニター…一瞬して今回の結果だと思いました。椅子に座り、まず主治医が…ここまで治療してきましたけど…これが治療前の内視鏡結果ですが、今回撮った写真はこちら…と画面を変えて、綺麗になっています。腫瘍の跡はついていますが、腫瘍細胞は無いと思います。って、ここまで綺麗に無くなった例はそんなにありません。後は肝臓ですね、治験は問題なくスタートできます。って…後は、治験薬に頑張ってもらえれば!

副作用の味覚障害で、味気が薄味の物しか食べなくなってしまったのが原因がナトリウムを処方されてしまった。100%の塩化ナトリウムなのでしょっぱすぎてオブラートで包んで飲まないと駄目です。
一週間飲んだおかげでナトリウムが上がりました。無事に治療できる状態に、治験薬よ頑張ってくれ!少し腫瘍が小さくなっていました。効果はあるようです。でもだんだん選択肢が少なくなっているのでしょうね…

【思うこと、考えること】

この先どうなるのか?最近自分がうつ病かもと感じ、腫瘍精神科受診、やはり思った通り…皆はどうやって乗り越えているのだろう?

覚悟はしているが、あとどれくらい生きられるのかな?死ぬのは怖くないって言ったら嘘だが、残して行く子供達、妻が心配、特に妻には死んでも愛してると伝えたい。

最近思う。生きるって苦しいことだ、人生何事も無く平和が続く事など考えられない。それが早く来るか遅く来るかだけの違い。ケセラセラである。♪ケセラセラーなるようになる明日の事など~わからない♪

最近塞ぎ混んでいる自分を見て家の奥さんから「あまりうつうつやってるんじゃわよ!そういうのを見るのが一番いや!ちゃんと受け止めなくちゃ駄目なんだよ!」とヤキが入る!何か目が冴えた感じ、家の奥さんが怒ると何も言えませんハイ!

最近QOLを考えるようになりました。しかし、QOLと寿命は相反するような気がしますが…

先日、もう積極的な治療はしない事を主治医に相談し緩和治療にすることにしました。当然色々考えましたが、抗がん剤の副作用より、自分らしさを選択する事にしました。おそらく、あと生きて1〜2年…いや2年は無理かな?心静かに過ごし、寿命を全うするつもりです。

【その他】

[血液型] B

[星座] 牡羊座

[既婚/未婚] 既婚

[好きな食べ物] 鰻

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(18911人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


胃がん


患者さんとの関係

本人


病歴・治療歴

2019年08月:胃癌ステージ4肝臓転移判明

2021年11月:肺転移


治療を受けた病院

国立がん研究センター東病院治療中


胃がん


病院に対する満足度

満足

【関連のエピソード】
がん専門も良し悪しがあると思う。


胃がん

この病気のエピソード
2019年8月仕事先きで倒れる。軽い貧血と思い、点滴を受けて帰る。次の日も血圧が低く家から近い病院を受診。触診で違和感があるとのことでCTを撮ると腫瘍が見つかる。すぐに国立がんセンター東に紹介されその日に検査、胃せん癌ステージ4のちにHER2プラスSOX療法+ハーセプチン治療開始、その後、サイラムザ+アブラキサンに変更。2020年7月のCTで大きくなっていたため、治験に参加する。7月21日から治験薬エンハーツ開始だが、その前に内視鏡で胃の状態を調べることになった。 7月21日内視鏡検査。治療前に受けた時は喉の麻酔をしただけで眠りについてしまったが今回は全て意識がある状態だった。検査結果を聞きに主治医に結果を聞に診察室に入ると、なんと綺麗になっているじゃ~ないですか!主治医は腫瘍の跡がありますが、腫瘍細胞は無いと思うって…後は肝心要の肝臓に治験薬がどう効果があるのかが問題です。

病院に対する満足度

満足


会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する