TOPへ

ちょと

治療中のメンバー

ちょと

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(19841人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


【生まれた年】1970年

【都道府県】神奈川県

【職業】アルバイト

【自己紹介】

2年前に86歳の父親の介護の為に離職して自宅で介護してきましたが、2020年4月に私が卵巣癌の3bと告知されました。2121年初めに結婚を前提に付き合っていた人と別れ、現在全て失った喪失感でいっぱいの毎日です。

【ご登録時の状況】

2020年4月から抗がん剤投与開始⇒7月に開腹手術⇒2020年11月に6回目の抗がん剤投与終了。

【思うこと、考えること】

病気になった後、以前の髪の毛を失った事、生えてきた髪は細くてチリチリな髪の毛であり、以前の様に女性として自信が持てないこと。ブスになった醜い自分を受け入れられないです。皆さんと違って縮毛強制やストレートパーマも掛けれれない程細い髪なので、一生高いウィッグを着けて生きなければならないのかと考えるともう嫌で嫌でたまりません。

【その他】

[血液型] A型

[星座] おうし座

[趣味・特技] 音楽(edm)バレエ鑑賞

[既婚/未婚] バツイチ独身寂しい51歳

[長所] 人と話すのが好き 

[好きな食べ物] 今はタンパク質を含む物

[好きなスポーツ] 体型維持する為のダンス

[好きな季節] 夏以外

[好きな音楽ジャンル] edm、k-pop

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(19841人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


卵巣がん



卵巣がん (初めて)

この病気のエピソード
2年前に父親を介護しなければならなくなり、離職して自宅で介護していました。苦労の連続で疲れ果てた今年4月に見つかったのが卵巣癌でした。4月から抗がん剤投与を3週間おきに始め、7月に開腹手術をし、今週から4回目の抗がん剤投与が始まり最後まで耐えられるのか不安です。今は父を施設に預け1人で暮らしているので不安で鬱病も進んでしまいました。ですが薬でどうにかコントロールは出来ています。コロナ禍で一歩も外に出られない日が多く、兄や彼が訪問してくれても、コロナに感染するんじゃないかと不安になってしまいます。ちょっと考え過ぎだと思いますが、そうした病気以外の事も不安になってしまいます。

治療を受けた病院

癌研有明病院


会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する