TOPへ

パニプリ

治療終了のメンバー

パニプリ

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(18911人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


【生年月日】1975年06月15日

【都道府県】埼玉県

【職業】アルバイト

【自己紹介】

2020年4月右舌癌部分切除→半年後の9月に右頸部リンパ節に転移→10月に頸部郭清術、病理検査で節外浸潤陽性→11月16日から化学放射線療法開始→2021年1月5日化学放射線治療終了。
現在、経過観察に入りました。

【ご登録時の状況】

舌癌ステージ4
化学放射線治療を控えている

【思うこと、考えること】

今後の再発転移に不安がありますが、これまでの治療が効いてくれる事を信じて、癌予防の生活を行い前向きに生きていきます。

【その他】

[血液型] AB

[星座] 双子座

[趣味・特技] 格闘技、登山、釣り、ライブ音楽鑑賞

[既婚/未婚] 既婚

[好きな動物] 犬

[好きな食べ物] 寿司、カレー、ご飯が進むおかず

[好きなスポーツ] 格闘技

[好きな季節] 全部

[好きな音楽ジャンル] ロック

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(18911人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


舌がん


患者さんとの関係

本人


舌がん


病歴・治療歴

2019年07月:舌の右側に痛みの無い口内炎のようなもの、白いシコリのようなものを自分で見つける

2019年08月:上記が治らないので耳鼻咽喉科受診、生検した結果、舌癌疑いがあり大学病院を紹介される

2019年09月:大学病院で再生検とCT検査した結果、癌の反応はなく白板症と診断され経過観察となる

2020年02月:引っ越しに伴い大学病院から引っ越し先近くの頭頸部癌に実績のある総合病院を紹介される。初診ですぐに生検となる。

2020年03月:舌癌疑いとなり、癌化する前に除去手術することになる

2020年04月:舌の部分切除、術中の病理検査で改めて癌と診断される

2020年10月:首にシコリを見つける。結果、癌が転移して頸部郭清術を行う

2020年11月:病理検査結果、節外浸潤していた為、化学放射線治療開始

2021年01月:化学放射線治療終了。経過観察。

2021年02月:手術痕の一部が白くなり急遽受診、白板症と診断されて経過観察。手術痕に垢が溜まって白くなっているとの事。

2021年03月:治療3ヶ月後の造影剤CT&MRI検査、血液検査。結果、再発転移無し

2021年05月:化学放射線治療の後遺症なのか夜寝ているときに舌を噛んでしまい出血が続くため急遽受診する。マウスピースを作ってもらい解決。

2021年06月:3ヶ月毎の造影剤CT&MRI検査、血液検査。結果、再発転移無し。


病歴・治療歴

2021年07月:医師の勧めにより胃カメラ&大腸カメラを受診。大腸ポリープ1個切除、その他異常無し

2021年09月:新たに舌に白い物が増えて生検する。結果、手術や放射線治療の影響により舌の皮膚が角化して垢などが付着してしまっている。


病歴・治療歴

2021年09月:3ヶ月毎の造影剤CT&MRI検査、血液検査。結果、再発転移無し。


病歴・治療歴

2021年12月:3ヶ月毎の造影剤CT&MRI検査、血液検査。結果、再発転移無し。治療後1年をクリアしたので来年は4ヶ月毎の検査。、


会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する