TOPへ

ララ

治療中のメンバー

ララ

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【自己紹介】

間もなく72歳。2015年5月26日右乳房全摘、センチネルリンパ節検査では、リンパ転移なし。術後一か月後から、内分泌療法。アロマターゼ阻害剤アリミデックス服用。異常に気付いたのは57歳時。夫を亡くした直後位に、約7ミリほどのしこりに気付くも、家業を継続するための責任を負う立場上少しの間仕事を優先するつもりが、愚かにも71歳まで共存してしまう。始めのころは、ゆっくり成長していたし、それに何の根拠もないのにおとなしいがんのように思えた。74,5歳までこのままいって病院に行って手術してもらって、お薬飲んで、80過ぎまで生きる。そんな風に信じ込むほど自分で自分を洗脳していたのかも。転移のことを知らないわけではない。がんの怖さは、食道がんで亡くなった母でよく知っている。なのに・・・
この14年ほどの期間あまりにも体調が良すぎた。いつもどこかしら不調なところが多い私が、風邪ひとつひかず、仕事ができた。65歳過ぎたころからは海外へも年2~3回は出かけ、乗馬クラブに通うようになった。だからひょっとしてガン子ちゃんの、おかげかしらと思うほど充実した日々であった。いいえ 決してふざけて言ってるのではない。変な人と思われるかもしれないが正直な気持ちである。

ユーザ登録で多くの方のプロフィールが閲覧できるようになります

新規登録する

この登録者の情報を閲覧するにはユーザ登録が必要です

新規登録する