TOPへ

ララ

治療中のメンバー

ララ

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


【年代】70代

【都道府県】和歌山県

【職業】無職

【自己紹介】

間もなく後期高齢者と呼ばれる(2018年8月現在)。2015年5月26日右乳房全摘、センチネルリンパ節検査では、リンパ転移なし。術後一か月後から、内分泌療法。アロマターゼ阻害剤アリミデックス服用。異常に気付いたのは57歳時。夫を亡くした直後位に、約7ミリほどのしこりに気付くも、家業を継続するための責任を負う立場上少しの間仕事を優先するつもりが、愚かにも71歳まで共存してしまう。始めのころは、ゆっくり成長していたし、それに何の根拠もないのにおとなしいがんのように思えた。74,5歳までこのままいって病院に行って手術してもらって、お薬飲んで、80過ぎまで生きる。そんな風に信じ込むほど自分で自分を洗脳していたのかも。転移のことを知らないわけではない。がんの怖さは、食道がんで亡くなった母でよく知っている。なのに・・・
この14年ほどの期間あまりにも体調が良すぎた。いつもどこかしら不調なところが多い私が、風邪ひとつひかず、仕事ができた。65歳過ぎたころからは海外へも年2~3回は出かけ、乗馬クラブに通うようになった。だからひょっとしてガン子ちゃんの、おかげかしらと思うほど充実した日々であった。いいえ 決してふざけて言ってるのではない。変な人と思われるかもしれないが正直な気持ちである。

【ご登録時の状況】

2015年5月右乳房全摘。浸潤性乳管がん。ホルモン陽性 Her2マイナス MIB-1は8% リンパ転移なしで(センチネルでは)術後はホルモン療法。
今のところたいした副作用なし。術前と変わらない生活で、再発や転移は、確かに怖いが、やはり私は、突然死や、急に体が不自由になることを恐れます。

【思うこと、考えること】

自分では若いほうだと思っているけれど、70歳超えれば、まあ高齢だし、ちょっと風変わりな例ですし、何の参考にもならないかもしれませんが、たとえ、発見や治療が遅れても、焦ったり落ち込んだりしなくても、治療法はたくさんあるし、仲間も大勢いる。心筋梗塞や動脈瘤破裂なんかのほうが私は怖い

【その他】

[血液型] A型

[星座] おうし座

[趣味・特技] 映画鑑賞 仮名書 乗馬(75歳までは乗りたいなあ)

[既婚/未婚] 既婚

[長所] ないかも・・・

[好きな動物] 犬 馬 

[好きな食べ物] 刺身 牛肉 白米 漬物他いろいろ食いしん坊

[好きなスポーツ] スキー 夫との出会いがスキー場だったが、今はもっぱら冬季五輪などでテレビ観戦。白銀の世界。すごく好き。

[好きな色] 淡いピンク 白 黒

[好きな季節] 春

[好きな音楽ジャンル] ラテン タンゴ シャンソン

[好きなブランド] 今は特にない

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


乳がん


乳がん (40歳時、子宮筋腫(全摘) 卵巣嚢腫(左卵巣の一部残存) その後甲状腺機能亢進症、再発治療。)

この病気のエピソード
私の予想?では、74.5歳頃までは大丈夫のはずが、昨年春急に大きくなり、それまで元気溌剌だったのが少し陰りが出てきて受診したのだが、それでもまだがんで死ぬ気はせず、その頃忙しかった仕事のこともあり「がんで死ぬならショガないですけど、私過労死しそうで怖いんです」と言ってしまいました。 そして、急に大きくなったのは、もちろん長く共存させてしまったからではあるのですが、昨年のお正月からずっと飲酒の機会があり、家でも好きなワインを、チーズや、お肉とともに楽しんでいましたし、これが私のがん子ちゃんを、喜ばせてしまったような気がします。それと多忙でストレス。がん特に乳がんにアルコールや、乳製品は良くないのかも。私乳製品好きじゃないのにワインの時だけ、クリームチーズを食べるのです。今も、懲りず・・・復活・・・やめといたほうがいいのかなあ???

病歴・治療歴

2015年05月:右乳房全摘。

2017年05月:満2年。

2018年05月:満3年