TOPへ

夢生

治療中のメンバー

夢生

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【年代】50代

【都道府県】東京都

【職業】会社員

【自己紹介】

40代最後の2012年9月にステージⅡB(ルミナルB、HER2陰性、Ki67高値)の浸潤性乳管癌の告知を受けました。
2012年10月より術前抗ガン剤治療8クールを受け、当初3cmほどあった癌は目視でわからない位にまで縮小しました。2013年5月に右乳房の部分摘出手術とセンチネルリンパ節生検(リンパ節転移あり)を受け、その後30回の放射線治療を終え、現在は10年間のホルモン治療の4年目です。

【ご登録時の状況】

設計事務所で内装設計を担当しています。術後の早期復帰と、乳房温存できる可能性を求め、主治医と話し合って、術前抗ガン剤治療を選択しました。現在はホルモン治療の後遺症とお付き合いしながら、フルタイムで勤務しています。

会社の健康診断の婦人科検診で乳癌が発見された事もあり、告知当初から職場に状況を報告して、休職ではなく治療を続けながら勤務を続けていきたい旨を伝えていました。少人数の職場なので、スタッフが通院での癌治療が長期に及ぶ事を理解してくれ、治療中の時間的な融通や仕事量の軽減などサポートをしてくれました。職場の皆さんや家族には本当に感謝しています。

【思うこと、考えること】

20代入ってから子宮や卵巣など婦人科系の病気との闘いでした。手術も3回(23歳.子宮内膜症及び子宮筋腫、28歳.卵巣胚細胞腫瘍(中間性)により両側卵巣の2/3摘出、41歳.再発により残りの卵巣摘出手術)、30代は不妊治療の経験もしました。子供も授かって子育てがようやく一段落してとどめがこの乳癌です。なんで...と、女性に生まれたことを恨めしく思い、精神的に不安定になった時期もありましたが、今は迷いがあるときは抱え込んで悩まず、とことん調べて、ガン友や医療関係者と話して納得して、前を向いて進むことができるようになりました。

最近、遺伝性乳がんというワードを良く耳にするようになりました。
私の親族(3親等内)にも乳がん3人、卵巣がん1人、子宮体がん1人います。皆30代〜40代で罹患しています。
がん遺伝子検査がもっと一般的に普及すれば、ごく初期のがんが更に発見しやすくなるのにな...と感じています。

【その他】

[血液型] A

[星座] 魚座

[趣味・特技] 神社仏閣 美術館巡り、映画鑑賞、フラ

[既婚/未婚] 既婚

[長所] あきらめない

[好きな動物] 犬、猫、ゾウ、イルカ

[好きな食べ物] フルーツ、蕎麦

[好きなスポーツ] 野球(カープと高校野球大好き)、水泳、ピラティス

[好きな色] グリーンとブルー

[好きな季節] 春と秋

[好きな音楽ジャンル] ボサノヴァ/ハワイアン/ヒーリングミュージック

[好きなブランド] アフリカの布 パーニュの色彩に惹かれます

ユーザ登録で多くの方のプロフィールが閲覧できるようになります

新規登録する

この登録者の情報を閲覧するにはユーザ登録が必要です

新規登録する