TOPへ

きりんそう

治療中のメンバー

きりんそう

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(17343人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


【自己紹介】

54歳で左乳がん ステージ2A 全摘手術の後 ホルモン療法でアロマターゼ阻害剤を現在まで服用しています 2020年卵巣がんが見つかり手術 類内膜がんでステージ1 経過観察中です 

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(17343人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


乳がん


病歴・治療歴

2013年07月:左乳癌全摘出 ステージ2A リンパ節転移なし ホルモン療法のみ

【関連のエピソード】
2013年5月ごろ 何気なく触った乳房にしこりを発見 皮膚に近く結構大きくて なぜ今まで気が付かなかったのだろうと不思議に思った 近くのクリニックで マンモグラフィーとエコーの検査を受け 針生検を受ける 結果は陰性だったが ドクターの話だと がんじゃなかったというわけではなくて 陽性なら乳がん決定だが 陰性というのは必ずしもがんではないと 断定できないと 言われる その場でドクターがちゃんとした病院で検査を受けた方がいいからと 病院に予約をとってくれた 病院での針生検でも陰性と出たが 麻酔をして太い針から吸い込むタイプの 検査機器(名前わからない)で検体を取り 結果陽性と確定 手術はベッドが空くまで3週間ほどかかり 待っている間にがんが大きくなるのではないかと 気が気でなかった (ドクターにそのまま聞いたが ニコニコして まあ大丈夫でしょうとおっしゃった) 大部屋で同じ病と向き合う友だちを得る 手術の日 みんなに 「いってらっしゃい がんばって」とエールをおくられて とても嬉しかった


卵巣がん

この病気のエピソード
偶然CTに膨張した子宮が写り 即紹介状をもらって 検査したところ はっきりと子宮がんだとは確定できないけど 子宮がんか肉腫の可能性が大 と言われて手術を勧められました (どちらにせよ 手術だったんですが) 乳がんを患っていたので そちらのほうも気になって 乳腺のドクターにお話をきいたところ 腫瘍マーカーに変化もないし 子宮だったら 乳がんの転移の可能性は低いと言われました いざ 手術して 摘出してみれば 子宮がんじゃなくて 卵巣がんだったということで 婦人科のドクターは 卵巣だと乳がんの転移の可能性はあるから 細胞検査の結果を待ちましょうと 結果を聞くまでの数週間は 本当に怖くて 最悪の場合を考えました 結果 乳がんの転移ではないとわかり 運よく ステージも1Aで 経過観察でいいでしょうということに なりました ただし リンパにいってなければね などとおどかされました (事前のPET-CTなどでリンパには反応がなく リンパはとらなかった) 乳がんの再発も怖いけど 卵巣がんの再発も怖い 怖さ2倍です

病歴・治療歴

2021年01月:左卵巣腫瘍 準広汎子宮全摘出術 リンパ郭清なし


会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する