TOPへ

みくねこ

家族のメンバー

みくねこ

家族のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(24410人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


【自己紹介】

2021年 夫が上咽頭がんステージⅢ  
頸部リンパ節転移あり

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(24410人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


上咽頭がん


患者さんとの関係

配偶者


病歴・治療歴

2021年01月:ベースを弾いていると、右耳が塞がれたような詰まったようになる。

2021年01月:会社近くの耳鼻科へ行くも乱暴な検査で耳が傷つき、高額なだけで良くならず。

2021年02月:別の耳鼻科にて中耳炎との診断。点耳薬、飲み薬にて様子見。

2021年03月:一向に良くならず、鼻からのカメラで腫瘍が見つかる。悪いものではないでしょうと言われ様子見。しばらくすると腫瘍が大きくなっており、ガンセンターか大学病院を紹介すると。

2021年04月:大学病院にて生検。近くの画像診断専門病院にて、CT、MRI。

2021年04月:上咽頭がん。ステージ3と診断。今後の治療予定の説明。コロナ、GWにて病室の空き待ちとなる。

2021年05月:頭、耳の奥に痛みが出てくる。舌にも違和感を感じる。病院からは痛み止めのみ。右首のリンパが腫れてくる。病院に伝えるも空き待ち。

2021年06月:ようやく入院。治療開始。シスプラチン1ク-ル目で食欲不振。鼻からのチュ-ブで栄養補給。

2021年07月:全身に薬疹出たり、体調は最悪。脱毛、首の皮膚炎。むくみ、爪の変形、顔にシミなど。吐き気、のどの痛み、味覚障害で食事は出来ず。放射線治療、抗がん剤治療が予定通り終了すると、退院しなくてはならないとの事。そのために胃ろうを造設することになる。

2021年08月:胃ろうの使用方法を説明され退院となる。味覚障害改善せず。

2021年10月:大学病院からの紹介でホスピス病院にて抗がん剤治療。1週間入院。味覚障害、嗅覚敏感で吐き気がひどい。

2021年11月:ホスピス病院にて、抗がん剤治療。味覚障害、嗅覚敏感で吐き気がひどい。口から食事はできない。1週間入院。

2021年12月:ホスピス病院にて、抗がん剤治療。1週間入院。味覚障害、嗅覚敏感で吐き気がひどい。口からの食事はできない。苦痛の日々に鬱が強くなる。

2022年01月:大学病院にて毎月診察となる。(耳鼻科、放射線科)

2022年02月:両耳の聴力は低下しており、特に右耳が聞こえず、耳垂れが続く。点耳薬のみ。両耳の鼓膜にチュ-ブを設置。CTの結果は、原発部には異常無し。頸部リンパ節は、僅かな物が見える。様子見となる。

2022年03月:耳の聞こえは改善せず。医師より補聴器を進められる。

2022年04月:補聴器使用開始。耳垂れ止まらず、町の耳鼻科にて洗浄。大学病院からは点耳薬のみ。

2022年05月:CT、PETCT。共に異常無し。頸部リンパはほとんど分からなくなる。

2022年06月:耳垂れ止まらず。町の耳鼻科にて、洗浄。大学病院は点耳薬のみ。

2022年07月:耳の聞こえは改善せず。滲出性中耳炎のせいだけでなく、シスプラチンの影響が大きく出たのだろうとの事。もう改善は望めそうも無いらしい。

2022年08月:口からの食事がだいぶ進んできた。耳垂れは変わらず。点耳薬のみ。

2022年09月:耳垂れ変わらず。鼻からのカメラ異常無し。点耳薬のみ。

2022年10月:耳垂れ変わらず。鼻からのカメラ異常無し。右耳のチュ-ブの周りに肉芽ができる。点耳薬、抗菌薬からステロイドへ変更。

2022年11月:CTの結果異常無し。右耳から出血。町の耳鼻科にて、洗浄。様子見。

2022年12月:右耳のチュ-ブが鼓膜の中に埋もれてしまっており、入院、手術となる。(5日間)口からの食事だけで栄養状態、体力が大丈夫そうとの事。来月胃ろう抜去予定となる。

2023年01月:一年半使った胃ろう抜去。本人、精神的にスッキリしたよう。耳は相変わらずで日々辛そう。

2023年05月:CTの結果は異常無し。右耳の聴力は激低下。なすすべ無し。

2023年10月:異常無し。体重、ついに50キロ超え!やっとダヨネ。

2023年11月:CTの結果は異常無し。右耳の聴力はますます低下。殆ど聞こえない。でも左耳は補聴器で何とか聞こえる。なので障害者には当てはまらず。仕事探すもやはり難聴ではなかなか就ける仕事が無いですね……

2024年01月:経過観察。また右耳中耳炎。抗菌薬出る。   補聴器店にて調節。

2024年03月:経過観察 異常無し 右耳内の洗浄  来月の上半身CTの為採血

2024年04月:CTの結果 異常無し  血液検査 許容範囲  聴力の回復は望めず…

2024年06月:経過観察 異常無し   アズレンうがい液、ミヤBM錠処方  市販の鼻うがい液続けるよう言われる  


治療を受けた病院

札幌医科大学附属病院


会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する