TOPへ

玉葉

治療終了のメンバー

玉葉

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(23629人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


【年代】50代

【職業】パート主婦

【自己紹介】

*登録時の自己紹介(登録は2021年8月下旬)
数年に渡って、健康診断時に血尿(+)。毎回腎臓が気になり内科受診するも血尿(-)→様子観察。
2020年初夏のトイレ後、「気のせい」と思いたい薄いピンク色を見た。痛みもないし。頻尿気味なのは、膀胱炎になりかけか、年齢のせいかと思いたかった。9月明らかな肉眼的血尿あり、泌尿器科受診。膀胱癌の診断を受ける。
この年齢で喫煙歴もないのにしかも泌尿器系の病気。予想外。残念すぎる。
他にも持病あり。

*2023/10月:記
膀胱癌の手術のあと、BCG。(BCGは有り得ないほどの副作用経験する。)今は3か月毎に膀胱鏡検査。

【ご登録時の状況】

TURBT3回。BCG治療中。(登録は2021年8月下旬)

【思うこと、考えること】

*登録時
子どもたちは思春期?で人生の分岐点。二人とも家を出たいというから、一緒に過ごすのもいつまでか。
私が家族にかける影響はどのくらいなんだろう。とりあえず、家族には病状は包み隠さず。心の準備もいるだろうから。
平均寿命を過ぎた高齢かつ遠方の父母達には内緒。

膀胱癌の診断を受けた後から、頭の中は「私の体は一体どうなるん?」とそればかり。
なぜ早く泌尿器に行かなかったのか、その時の判断は適切だったか。考え込んで適当な家事もさらに適当。
すると、息子から「癌だろうがなんだろうが、動ける間は動け!」と喝が入った。その通り。
恐ろしい学費がかかるだろう年代。もうちょっと働きたい。
イヌにも優しい夫と娘もいる。
他の人のブログをみせてもらいながら、生き方の参考にさせていただきたい

*2023年10月:記 <近況>
犬にまでやさしい夫。愛犬が今年の初夏に亡くなり、8月に生後2~3か月の保護犬を迎える。ミニバスと犬の日々。
娘(姉)は他県に就職(一人暮らし)。息子(弟)は大学生。
私→学費は続く。食費=食欲は減らない。運動は苦手。足が痛い。次は変形性股関節症の手術か?癌のことも忘れてはいけない。医療費は必要経費。人はいつか死ぬけど「今」じゃない。
年数回も会わない老親には「病気は伝えない」が家族共通の方針。

【その他】

[血液型] O型

[趣味・特技] 読書。簡単なピアノと歌。たまに占い。

[既婚/未婚] 既婚

[好きな食べ物] スイーツと珈琲

この登録者の情報を閲覧するにはユーザ登録が必要です

会員登録する

会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する