TOPへ

mariri

治療終了のメンバー

mariri

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(19531人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


【年代】50代

【都道府県】愛知県

【職業】元会社員 現主婦

【自己紹介】

2014年10月に縦隔原発びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫になりました。
R-CODOX-M/R-IVAC療法のため5か月間入院、2015年4月に寛解となりました。

そろそろ寛解後2年となりますが、2年前の今頃絶賛治療中で
病院でしんなりしていたのがウソのようです。

入院期間が長かったためか筋力が落ちてしまい
まだすっかり回復とはいきません。
片耳の聴力、なぜか高音部分が聞こえなくなりました。
足の先のしびれがまだちょっとあり、謎のふらつきがあります。

しかし、日々の生活にはさして問題はなく、
旅行も行くし、趣味も楽しんでいます。
長く続けていた仕事は退職しました。
急に入院治療することになり、会社にはそれ以降行けなくなってしまいました。
休職期間満了まで在籍し、自然退職となりました。
病気をしてそれまでの人生とは変わりましたが
その変化は私にとってはうれしいものばかりです。


*追記*
2019年4月
夫の転勤で仙台に引っ越しました。
病気になる前は働いていたので、
夫はいつも単身赴任でしたが、
今回は無職なので帯同。

初めての土地で暮らすのもなかなか楽しいものですね。

病気に関しては寛解後4年が過ぎ、5年目を
過ごしています。
特に問題もないので、病院は転院せず半年に一度の
通院はそのまま続けます。
5年経ったら卒業と言われています。
だんだん病気が過去のものになっていきます。
普段はほぼ思い出しません。
本当にあの体験が私に起こったことが
フシギに思えます。

2021年4月 仙台から名古屋に転居しました。

【ご登録時の状況】

寛解後もうすぐ2年です。
3か月ごとの定期健診に行っています。

会社は自然退職となり、肩書が専業主婦となっています。
受給を延期していた失業保険の手続きをし、
何らかの形で社会復帰(というのだろうか?)を
するべく、少しずつ動き始めました。


2022年5月で寛解して7年になりました!
7年、あっという間でした。
オンラインで仕事をしています(^^)

【思うこと、考えること】

病気がわかった時、それまで自分をがんじがらめにしていたものから
解放された気がして、とても気分が楽になったのを覚えています。
自分では何もしていないのに、病院の先生方や看護師さん方、
家族や周りの人のおかげで、第2の人生をいただきました。

なんで自分は治ったのか、生き残ったのか、というのは
今でもいつも心の中にあります。

入院治療中は「これって終わりがあるのかな?いつまで続くんだろう?どんな終わり方をするんだろう??」
と思っていました。
始まったことには何らかの形で終わりは来る。
2年経って、言わなければ私が病人だったことは見た目では全くわかりません。
あの経験が私に何をくれたのか、考える日々です。
何事もなかったように治ってしまい、
血液がんなので手術等で痛みを感じることもなく、
自分の中ではいろいろなことがいい方に転がっていったので
なんとなく元がん患者というのが申し訳ないような
気持ちになることがあります。
再発はあるかもしれない、ないかもしれない。
別のがんになるかもしれない、ならないかもしれない。
なったとしても、やっぱり落ち着いて飄々としているためには
今をきちんと生きておくしかないかなと思う今日この頃です。

いろいろな感じ方があり、いろいろな受け止め方があり、
いろいろな結果がある。
私の一つのパターンがどなたかの役に立てばいいなという
思いはいつもあり、こちらに登録もさせていただきました。

【その他】

[血液型] O

[星座] しし座

[趣味・特技] 観劇 旅行 読書 タロットカード

[既婚/未婚] 既婚

[長所] のんきすぎる。

[好きな食べ物] いちご

[好きなスポーツ] テニス

[好きな季節] 夏

[好きなブランド] デシグアル

[ブログ] http://ameblo.jp/mariri723

この登録者の情報を閲覧するにはユーザ登録が必要です

会員登録する

会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する