TOPへ

のぼる

治療終了のメンバー

のぼる

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【自己紹介】

2016年7月、胸腺がんと診断されました。症例の少ない希少がんだそうです。

ユーザ登録で多くの方のプロフィールが閲覧できるようになります

新規登録する

胸腺癌 (合併症?:視神経脊髄炎)


患者さんとの関係

本人


病歴・治療歴

2016年02月:右眼視野が曇ったようになり、近所の眼科を受診。大きな病院で精密検査を受けるよう言われる。総合病院の眼科で頭部MRIの結果、視床枕に炎症があることが分かり、神経内科へ。

2016年04月:各種検査の結果、抗アクアポリン抗体が陽性だったため、視神経脊髄炎と診断される。ステロイドパルス、血漿交換を行うが、期待したほどの効果は得られず。

2016年07月:検査の過程で見つかった縦隔の腫瘍の生検のため転院。検査の結果、胸腺がんと診断される。

2016年08月:化学療法開始

2016年12月:化学療法終了

2017年03月:検診のCTで、腫瘍がまた育っている事が判明。クスリをTS-1に変更。


治療を受けた病院

視神経脊髄炎:慈恵医大葛飾医療センター、胸腺癌:名古屋大学附属病院


登録してください。登録されると、全員のプロフィールが閲覧できるようになります。

新規登録する