TOPへ

なつめそうせき

治療終了のメンバー

なつめそうせき

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(24143人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


【自己紹介】

2017年7月に、人間ドックの腫瘍マーカーCA19-9異常値指摘、翌日の精密検査で判明。1か月後の8月に膵頭一二指腸切除(胃部温存)。切除後ステージ2aと判明。
その後TS-1を、4週服用2週休みで約2年間(17クール)服用。並行して、免疫療法も約2年実施。6年半経過した現在は再発。後遺症もなく、とりあえず【寛解】に。
術後2年目以降は、後遺症に苦しみ、吻合部狭窄による腸閉塞や胆管炎で数回入院。腸閉塞は閉塞部の拡大オペ(術後3年目実施)によりその後は発症なし。胆管炎は年に2-3回(1回あたり10日前後点滴入院)、直近は2022年10月に2回入院。おかげさまで、2022年11月以降は胆管炎による入院もなく1年半経過、順調な日々です。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(24143人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


膵(すい)臓がん (術後1年目以降に、吻合部狭窄による腸閉塞数回、胆管炎で数回入院。吻合部狭窄の拡張手術を1回実施後が腸閉塞は無し。)

この病気のエピソード
自覚症状全くなし、人間ドックの腫瘍マーカーCA19-9の異常値を産業医に指摘され、翌日すぐに名大病院で検査、すい臓がんと判明。5thオピニオンに 家族が奔走。結果、1か月後に同病院で手術、1か月で退院。

治療を受けた病院

名古屋大学医学部附属病院

【関連のエピソード】
現在は、名古屋セントラル病院に2か月に1回通院、経過観察中、年2回の造影剤CT診断。また、静岡の病院に年4回通って、拡散強調画像MRI診断を行い、CT診断では探せない異常部をフォロー。


膵(すい)臓がん



会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する