TOPへ

ジャックパパ

治療中のメンバー

ジャックパパ

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【生まれた年】1957年

【都道府県】宮城県

【職業】会社員

【自己紹介】

私は、2017年1月に、ステージ4の肺がんと宣告されました。6センチの左肺腺がんが原発とされ、さらに胸膜播種も認められる為、余命は厳しいものになると言われました。(私が直接聞いたのではなく、妻が主治医より聞かされた。)
年末に風邪が長引いている為、掛かりつけの内科医を受診すると、左肺に胸水が溜まっており、大学病院を紹介される。
年明け、大学病院に行き、胸水を採取し病理検査する事に。結果判明まで2週間程度かかるとの事で、通常の生活をして構わないという事で、2週間先の診察を予約し帰宅。
しかしながら、日ごとに、息切れがひどくなり、徐々に歩行も困難な事になってきた為、再び大学病院の救急外来にて診察すると、左肺が胸水で一杯となっており、気道や心臓も圧迫していた為、急遽緊急入院。
入院後、胸にドレインの管を通し、胸水を抜く処置を続けるが、一向に胸水の供給が減らない為、これ以上、がん本体への治療を放置できないと主治医が判断し、抗がん剤投与に踏み切った。
ところが、抗がん剤との相性が良かったのか、1サイクル目で胸水が無くなり、病巣も徐々に小さくなり、4サイクル終了時点では、CTでも病巣が確認出来ない程に回復。
この結果には、主治医もビックリしてました。
今後は、血管新生阻害剤(アバスチン)による維持療法を4~6サイクルしながら、経過観察の予定です。

【ご登録時の状況】

5月から、維持療法として、新生血液阻害薬(アバスチン)を月1回投与し、経過観察の予定です。
それと共に、復職の許可も出た為、ゴールデンウイーク明けから、仕事に復帰します。

【思うこと、考えること】

余命が分からない中で、残りの人生を如何に過ごすべきがを日々考えているが、答えが出せずにいます。

【その他】

[血液型] O型

[星座] さそり座

[趣味・特技] ゴルフ

[既婚/未婚] 既婚

[長所] 楽天家

[好きな動物] 犬

[好きな食べ物] 果物、寿司

[好きなスポーツ] 野球、ゴルフ

[好きな色] 水色

[好きな季節] 春

[好きな音楽ジャンル] 演歌

[好きなブランド] 特になし

ユーザ登録で多くの方のプロフィールが閲覧できるようになります

新規登録する

この登録者の情報を閲覧するにはユーザ登録が必要です

新規登録する