TOPへ

ガリー

治療中のメンバー

ガリー

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(24142人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


【年代】50代

【都道府県】福岡県

【職業】会社員

【自己紹介】

・50代まで大きな病気なし
・学生時代からやっているバスケを続けており、運動や規則正しい生活は行ってたつもり
・ドック健診を受けよう、受けようと思っていた矢先の発覚

【ご登録時の状況】

・2024年2月の健診で貧血
・2024年3月、再検査の結果、腸重積
・そのまま入院となり、大腸がんステージ2or3と診断
・結腸切除、生体検査の結果、ステージ3aと診断
・2024年4月、xelox療法にて、補助化学治療開始

【思うこと、考えること】

・意外と冷静に受け止めれた
・補助化学治療は、開始まで時間もあったため、不安が増した
・1クール目の治療中だが、副作用に驚き
・同じような境遇の方々の情報を参考にしたく登録

【その他】

[血液型] A

[星座] 水瓶座

[趣味・特技] バスケットボール、映画演劇鑑賞、音楽鑑賞(おもに洋楽)

[既婚/未婚] 既婚

[長所] ぶれない

[好きな動物] 犬

[好きな食べ物] バナナ

[好きなスポーツ] バスケットボール、野球、ラグビー

[好きな色] オレンジ

[好きな季節] 秋

[好きな音楽ジャンル] HM、ロック

[好きなブランド] 特になし

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(24142人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


大腸がん (盲腸がん)


患者さんとの関係

本人


病歴・治療歴

2020年02月:健診にて大きな胆石があるのがわかるが、特に症状もないため経過観察

2024年02月:健診にて貧血(8.1)指摘(1年前は14台)され、再検査

2024年03月:再検査初回で、CT検査のみで帰されようとするも医師から呼び止められる。上行結腸あたりに腸重積ありとのこと。危険とのことで、そのまま入院。

2024年03月:絶食しながら、内視鏡、胃カメラ検査。盲腸あたりに腫瘍ありとのことで、そのまま切除手術を受ける。ついでに胆嚢も切除。(このときは、ステージ2or3の診断)

2024年04月:病理検査の結果、大腸がんステージ3aの診断。補助化学治療を勧められるが、自宅近くの病院を紹介してもらう。(このときは、mFOLFOX療法を勧められた。)

2024年04月:自宅近くの総合病院を受診。XELOX療法を勧められる。療法が変わったことに戸惑う中、治療開始。

2024年04月:CVポートの設置手術を受け、1回目の抗がん剤投薬開始。オキサリプラチンの副作用に驚き。特に喉の痛みがキツく冷たいものを飲むのが怖い。

2024年05月:血液検査も特に異常なく、予定通り、2回目の抗がん剤治療開始。


会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する