TOPへ

UFO

治療終了のメンバー

UFO

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(15582人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


【生年月日】1800年03月30日

【都道府県】大阪府

【自己紹介】

2009年7月、体調不良を覚え、ビタミン剤や栄養ドリンクを摂ってみたけれど全く変わらず、5分歩くのさえしんどくなり…
なんとなく血液関係の病気じゃないかと感じたので、近所の病院で血液検査を頼んだら、
「急性骨髄性白血病だと思う」との事。
あぁ、やっぱり…。
これから自分はどうなるんやろ?
子供は?
不安ばかりでした。
紹介された病院に行くと、そのまま入院。
主治医の勧めで、自費で遺伝子検査を受けた結果、抗がん剤を使った治療方針が決まり、同年8月~12月まで計4回、入退院を繰り返しました。

退院2ヶ月後くらいから派遣で仕事。(実は入院と入院の間も、2ー3日派遣で仕事をしてました)
髪の毛がほとんど無かったので軽作業の仕事にバンダナ巻いて行ったら、派遣の担当者さんから「自己責任で仕事してね」と言われ、「ハイ、了解しました」と。

その後、なんやかやあって。
今は、パソコン使って地図やらいろいろ描いてます。
が、誰にも負けない自信のある(⁉)方向音痴です。
北とか南とか言われたら混乱…(>_<)
Auto-cad、Super-map、NIGMAS-Xなどを使ってますが、自分はオートキャドが使いやすいから好きです。

転職したいなぁ~。面接に行っても年齢で落とされそうやけど。
デジタルはもういいので、以前やっていた魚屋さんか、初挑戦の農業をやりたいんですがね。(^-^)
いつだったかの春に種をまいた、ベランダの紫蘇はダメでした。大阪のど真ん中やから、しゃーないなぁ。
ビル内でキノコを育てている会社で仕事をしたいです!

はやぶさ初号機に感動。はやぶさ2を応援しています !(^^)!

【ご登録時の状況】

いつも見ている番組、ウェークアップ!ぷらす で、5 years を知りました。
今は毎日普通に仕事しています。

【思うこと、考えること】

若い頃から何十回も献血をしたけど、輸血で全部返してもらった気がする。いや、たぶん、それ以上。
骨髄移植のドナー登録してたのに、もうドナーにはなられへん。
残念です。
が、自分の命のある間に、他の人の力になれることがあればいいなと思います。
いつか来た日の後、臓器提供はできるんだろうか。
「いらん」て言われたらかなりショックなので、出来るかどうか調べていません。

献血も骨髄の提供ももう出来なくなってしまったけど、チャンスがあれば裁判員裁判に参加したい。
淀川マラソンにはボランティアで毎年参加してます。

全ての命には限りがあるけど、脳とか心臓がやられていきなり命を落とすことでなくて良かった。
いろんな事考える時間をもらえた。ほんとにラッキーだった。

【その他】

[血液型] o

[星座] 牡羊座

[趣味・特技] 映画好き

[既婚/未婚] 未婚

[長所] 楽天的なところかな

[好きな動物] 粘菌、クマムシに興味あり

[好きな食べ物] 歯ごたえのある物

[好きな色] こげ茶、藍

[好きな季節] 若葉の頃と落葉の頃

[好きな音楽ジャンル] ブラックミュージック

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(15582人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


急性骨髄性白血病


患者さんとの関係

本人


治療を受けた病院

大阪赤十字病院

【関連のエピソード】
クリスマス直前。 病院の敷地内にある看護学校から、ナースの卵の方達がロウソクを手に無菌室エリアの廊下まで来て謳ってくれたのを、部屋の中からドアに顔をつけて見ていました。 ドアの外には一歩も出られなかったけど、美しい歌声を聞けて幸せでした。


病院に対する満足度

満足

【関連のエピソード】
近所の病院で仮診断を受けた時、最初は自宅から近い所を紹介しますとの事だったのですが、医師からこっちの病院のほうがいいと思いますと言われ、それに従いました。 電車で行かないといけないところでしたが、自分で判断するしかなかった当時は思考停止状態。 でも、結果的に、良かったと思っています。


急性骨髄性白血病

この病気のエピソード
転職を目指して機械CADを勉強していた発症当時。夏。 パソコンのマウスを握りながら、次に何をしたらいいか分からなくなりました。 頭がほとんど働いていないような感覚だったのをおぼえています。 限界を感じ受診。そして入院。 丸一日輸血を受けて信じられないくらい復活した私は、主治医に「応援してるアーティストの全国ツアーの初日が、2日後に千葉であるんです! 新幹線のチケットも取ってるし、LIVEに行ってもいいですか?」と許可を求めました。 先生は「…。いいですよ。今あなたは、もし出血したらすぐは止まらない状態。外傷なら気付くだろう。でも内臓や脳での出血はすぐにはわからない。それに対処できるのなら、許可します」と。 その時のチケットは、今も手元にあります。 入院中に検定試験があり、外出許可をもらって受験したけど撃沈。 3週間パソコンを触っていなかったので、しかたないと納得。 一緒に学んでいて久しぶりに会ったクラスメイトは、私が試験会場にいるのを見てびっくりしていました。 入院後に先生から「血液検査のあんな数値で、自力で歩いている人を初めて見た」と言われましたが、やはり抗がん剤で髪は抜け、爪はボロボロ。全身脱皮が4回。 でも、がんサバイバーになりました。


急性骨髄性白血病



会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する