TOPへ

うちたま

治療中のメンバー

うちたま

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


【年代】40代

【都道府県】兵庫県

【職業】主婦

【自己紹介】

生まれは千葉県、縁があり兵庫県在住です
2015年、10月直腸癌ステージ3a、同時に卵巣癌(転移性なし類内膜腺癌)ステージ1、2018年、4月子宮体癌(類内膜腺癌)ステージ1、2019年、8月大腸癌からの転移で左尿管近くのリンパ節転移が分かった、私は大腸癌、婦人科癌、別々の病院で診て貰ってました、CT検査、血液検査を行い主治医から「大丈夫、問題ない」とお墨付きを頂いてたのに…今回ステージ4の診断、本当に悔しいです、もっと早く分かっていたら癌の広がりも少なく済んだだろうにと…
これも私の運命なのかな、前回ステージ3aで抗がん剤もしてもうすぐ4年目と言う時、大丈夫かなって私の油断だった…もっともっと自分の体に向き合ってたらここまでなってなかったんじゃないかと…起こってしまった事を後悔してしまうけどいろいろな困難や治療にも負けずに立ち向かっている皆さんと一緒に私も頑張っていこうと思ってます、弱音を吐く事もあると思いますがどうか宜しくお願いします

【ご登録時の状況】

2019年9月20日、新しく掛かる主治医からの検査結果やこれからの治療が決まる。なってしまった事に落ちこまないで前を向いて少しでも明るい希望が見えてくるように治療を頑張りたいです
沢山の5yearsメンバーの方々といろいろな情報や近況を共有できたらと思ってます

【思うこと、考えること】

良い事、悪い事、思う事沢山!
これも私の運命なのかなって思います
人生って必ずその時その時で分岐点があるからそこが運命の分かれ道なんだなって思った
本当の意味でこれからが私の人生、誰に気を遣う事もなく笑って楽しく過ごしたい

【その他】

[血液型] O型

[星座] 天秤座

[趣味・特技] 旅行、ドライブ

[既婚/未婚] 既婚

[長所] 人の話をよく聞くところ、笑顔、

[好きな動物] フクロウ

[好きな食べ物] 麺類

[好きなスポーツ] スポーツ観戦の方が好き

[好きな色] 赤、ピンク、紫

[好きな季節] 春と秋

[好きな音楽ジャンル] ジャズ、ロック、クラシック、B'z

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


大腸がん (大腸癌腹膜転移)



大腸がん (同時に卵巣ガンも発見される、転移性なし)


病歴・治療歴

2002年09月:子宮内膜症で腹腔鏡手術

2008年03月:子宮内膜症再発で腹腔鏡手術

2015年10月:大腸ガン手術ステージ3a(直腸) 同時に卵巣ガンも見つかり摘出

2015年11月:抗がん剤ゼローダ開始(1クール2週飲み1週休 む朝晩7錠ずつ)

2015年12月:卵巣癌の初診、婦人科の先生摘出した卵巣がどこまで進行してるか分からないと困惑気味

2016年01月:婦人科先生これからの治療方法を選択で選ばせてくれた①経過観察②抗がん剤半年③外科手術で全て調べる私は③の外科手術を選択全て調べてスッキリしたかった

2016年02月:再度手術の為抗がん剤ゼローダ一旦休止

2016年02月:卵巣癌、進行を調べる為手術鼠径リンパ、大網の一部摘出結果卵巣癌ステージ1(類内膜線癌)

2016年03月:無事に退院はしたが私は主人と二人暮らし、体力はまともになく主人は仕事で留守、食事の準備も出来ないので安静の為、直腸の手術をした病院へお願いをして再度入院

2016年03月:休止していた抗がん剤ゼローダ再開、本来なら卵巣癌の抗がん剤も必須なのだが、以前ゼローダで卵巣癌治療して再発なしの患者さんが居たとの婦人科先生の判断でゼローダのみ

2016年07月:抗がん剤ゼローダ終了(全8クール)

2016年08月:温存した左卵巣が5センチ腫れてるとの事MRI検査結果卵巣に水が溜まってしまったがその後異常なし

2018年01月:いつも通りの経過観察で子宮内部に異常あり 子宮ファイバーで内部詳しく調べる

2018年02月:病理診断の結果子宮体癌(類内膜腺癌)

2018年04月:子宮体癌、温存した子宮、左卵巣摘出手術(ステージⅠ)

2018年04月:退院してまもなく昼食を摂った日の夜から激しい腹痛と嘔吐苦しくて今までに経験した事の無い痛み、どうしようもなく病院へ連絡、検査結果腸閉塞と診断される2週の入院生活

2018年04月:腸閉塞発症して2週間目無事に退院

2018年09月:胃カメラの検査慢性胃炎判明、年1回の胃カメラで状態を見て貰う

2019年03月:大腸癌経過観察のCT検査異常なし、しかし左脚の付け根が痛かったので訴えた、医師の診断リンパ節の炎症だが問題はないと告げられる

2019年06月:左脚のむくみと痛みを婦人科医師に相談、リンパ浮腫の診断

2019年08月:日頃から続いてた左脚全体の痛みが急激に増してくる。とある早朝痛みに耐えられず掛かりつけの病院へ救急で向かうCT検査、レントゲンの結果尿管に異常ありで腎臓から尿がうまく膀胱に流れてなく腎臓が圧迫される影響で痛いとの事、原因は尿管のリンパ節が腫れているらしい、大腸癌の転移の可能性大との事、私は掛かりつけの病院が2ヶ所ある、大腸癌の経過観察をしてる病院で詳しく診て貰うようにと医師からの診断、頭真っ白になる。ずっとずっと定期的に診て貰いながらいつも異常なしと告げられながらの転移の可能性、大腸の先生申し訳ないと言っていた、この病院は小さな病院であまり設備整ってないので婦人科と同じ病院で治療出来るように紹介状書いてもらう

2019年09月:左尿管ステント留置

2019年10月:CVポート手術

2019年10月:CVポート手術をした翌日から抗がん剤治療始まるmFOLFOX6+アービタックス