TOPへ

みつこ

治療終了のメンバー

みつこ

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


【自己紹介】

40歳で骨肉腫(左大腿骨遠位端)発症。2013年9月より治療を開始。治療中、肺転移の疑いがあり左上葉を部分切除するも、転移性肺がんではなくまさかの原発(肺腺がん)と判明。病気に病気を見つけてもらう(ラッキー!!)。1年4か月休職し、標準治療を終えて職場復帰、現在に至る。・・・入院中も今も、元気に過ごしている。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


骨肉腫


患者さんとの関係

本人


病歴・治療歴

2013年07月:左膝に違和感があり整形外科医院を受診。即日、紹介状をもらう

2013年07月:島根大学医学部付属病院・整形外科受診

2013年08月:骨肉腫と診断される

2013年09月:術前化学療法開始

2013年12月:術前化学療法(2.5クール)終了。根治術、人工関節置換術施行

2014年01月:転移疑いのある左肺上葉を部分切除。術後、原発の肺腺がんと判明

2014年02月:術後化学療法およびリハビリ開始

2014年11月:術後化学療法終了。退院

2016年04月:人工関節の緩みにより、再置換術施行

2016年07月:リハビリ終了。退院


リハビリ・復帰歴

2014年02月:化学療法と並行して、リハビリ開始

2014年11月:退院

2014年12月:リハビリ出勤制度を利用し、仮復職

2015年01月:正式に復職

2016年04月:人工関節再置換術施行

2016年05月:リハビリ開始

2016年07月:リハビリ終了。退院

2016年08月:復職


治療を受けた病院

島根大学医学部附属病院

【関連のエピソード】
告知を受けてから1年3ヶ月の入院中、信頼できる主治医や看護師の方に出会い、とても良くしていただいた(もちろん今も)。おかげで「楽しい入院生活」が送れたし、何より人生勉強になった。


病院に対する満足度

とても満足


骨肉腫 (治療中、肺転移の疑いがあり左肺上葉を部分切除したら、転移ではなく原発の肺腺がんと診断された。)

この病気のエピソード
腫瘍科の主治医によると、発症時の年齢と腫瘍マーカーの数値から、確定診断がでるまで担当科の教授は「骨肉腫なわけないじゃん」と言っていたらしい。整形外科の主治医も「僕もまさかとは思ったけどねー」と言っていた。今では、ネタと化している。