TOPへ

junko

治療中のメンバー

junko

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(23231人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


【生年月日】1958年11月30日

【都道府県】埼玉県

【職業】なし

【自己紹介】

2000年10月乳癌により左乳房全摘&リンパ節郭清手術を虎ノ門病院で行う。ステージ2。11月〜3月末抗癌剤治療。ホルモン治療なし。22年間再発転移リンパ浮腫なし。2014年9月肺癌発見。10月左上肺&周辺リンパ線摘出手術を行う。ステージ1。胸壁浸潤あり経口抗癌剤UFT治療を始めるも副作用により中止。
半年毎のCT検査にて経過観察中であった。

2017年11月、右下肢が突然激痛にて肺癌主治医と整形外科医を受診しレントゲン及びCT検査するも原因不明。痛み止めの対処療法で様子を見る。12月~2018年2月痛みが消える。
2018年1月引越し。
3月~痛み再発。
4月下旬歩けなくなり近所の整形外科医と虎の門病院の主治医と連携し様々な治療開始。
休職する。
坐骨神経痛の治療として仙骨部神経ブロック、神経疼痛鎮痛薬治療するも激痛は治らず。
痛みは右下肢~股関節~坐骨部と変わる。

6月上旬、今まで骨盤周りのMRI検査は沢山したが異常なし。地元の整形外科医が右骨盤の中のMRI検査したところ腫瘍がびっしりとあった。骨転移判明により、仕事を退職する。
6月20日全身PET検査。
6月21日虎の門病院呼吸器内科入院。

PET検査結果、両肺と骨盤の多発転移でstage4
骨盤生検手術で骨折している箇所もあった。
肺癌由来の転移と解り、骨盤内放射線治療10回、タルセバとアバスチンによる抗がん剤治療が決る。

2018年8月19日退院
2018年9月5日通院日。肺レントゲン結果、
両肺の小さく無数にあった癌が消えている事が判明。ランマーク注射。アバスチン点滴30分。

2018年11月30日
無事に還暦を迎えた。

2019年春頃
車椅子、松葉杖無しでの歩行許可が出たヽ(^o^)丿

2019年~2020年3月末
タルセバの副作用に悩みながらも継続中(両足の酷い巻爪、脱毛、便秘、腹痛)

2020年4月~7月
腫瘍マーカー上昇しタルセバ中止。免疫チェックポイント阻害薬キイトルーダ治療開始。3週間ごとに入退院して効果を確認する。8月以降は通院にて3週間毎の点滴治療を継続。

2021年11月
背骨に2箇所小さな転移が発見された。2週間入院して放射線治療により消滅。

2022年3月末~4月中旬入院
キイトルーダの効果がなくなりジオトリフ服用開始

2022年5月
ジオトリフの副作用で下痢が止まらず。減薬して服用し副作用が軽減し服用継続。
同居の娘がコロナ感染しホテル療養。私は感染せず。

2022年8月
ジオトリフが効かなくなりタグリッソ服用開始。2週間入院し重篤な副作用なし。

2022年10月3日
早朝、spo2が75となり救急搬送され入院。両肺は真っ白、9度発熱の重篤な状態で延命処置にサイン。薬剤性間質性肺炎との診断。タグリッソ服用中止。
しかし、3日間のステロイドパルス療法により劇的に快方し危機を脱した。その後、心房細動になるが、数日後心臓の波形が正常に戻り治った。様々な治療、検査、リハビリが終了して10月24日退院。

2022年11月
抗がん剤TS1服用開始。吐き気、頭痛の副作用酷く減薬して副作用軽減し治療継続。

2022年12月11日
5yearsXmas会に参加

2022年12月14日
レントゲンと血液検査の結果、
TS1の効果がなく服用中止。

2023年1月4日
新しい抗がん剤治療のため
入院予定。

2023年1月4日~25日入院
 1月5日、抗がん剤ドセタキセル点滴。副作用は頭痛、喉の痛み、口内炎、痒み、足のふらつきなどあり。2週間後、脱毛始まる。白血球800まで下がる。好中球も見ながら白血球3000超えて退院決る。2月1日に外来通院になる。

2023年2月1日
 腫瘍マーカーは微増、レントゲン画像は前回と同じか綺麗になっているとの結果、今日の点滴の結果を3月に判断して治療継続するかを決めるとの事。
9割脱毛したのでウイッグ検討中。肺癌Stage4になり5年。
肺癌Stage1初発から9年、感謝と祈りの日々。

2023年3月〜6月
4回の外来(3/1、3/29、4/26、5/24)があり、腫瘍マーカーがじわじわ下り続けて、2月1日に50.6だったが、26.9と半分近く下った。CT画像の両肺の腫瘍は縮小と不変が混在、前回と比較して著変なし。胸水、リンパ節肥大なし。観察可能な範囲で上腹部に転移性腫瘤なし、腹水なし。
両足指が攣るのは末梢神経障害とのこと。5月24日、メチコバール処方。浮腫が軽減、攣る事が無くなり早歩き出来るようになった。6月初旬、一人で電車で買い物に行った。5年ぶりの車窓からの景色に泣きそうになった。
サプリメントも飲まず、
標準治療だけで肺がんStage4の5年を超えた。夢のよう。

2023年6月18日
 5周年記念オフ会参加

2023年6月22日
 虎の門病院内分泌科受診
(3ヶ月に1度)

2023年6月28日
 虎の門病院呼吸器内科受診
腫瘍マーカーは3.3下り治療継続

2023年7月26日
 虎の門病院呼吸器内科受診
腫瘍マーカーは2.9下り20.7になった。治療継続。
5年間送迎してくれた長女家族がコロナ感染となり、一人で電車乗り継ぎ病院迄行った。2時間掛かったが主治医が褒めてくれた。帰りはタクシー帰宅。

翌日から4日間今迄で1番酷い副作用で寝たきりとなり最低の精神状態。7月31日体調が戻り安堵(¯―¯٥)

8/16〜17
近くの総合病院で右目の白内障手術。強度近視(-27)により様々なリスクがあり1泊2日入院して手術した。

強度近視のリスクに、手術中目が閉じてしまう事がありクリップを止める事もあると言われていた。術前の目薬で瞳孔が確り開きクリップなしになった。
20~30分の手術中、ナースが手を握ってくれて安堵したが、
何した!目がピクッと動いた!と先生からの叱責。
先生が私を励ます声と共に緊張の息遣いもありトラウマになりそうだった。
術後の先生から一言「途中目が閉じかけたけど僕の戦略勝ち!視えるようになるよ!」
あらゆるリスクのある難しい手術を引受けて下さり無事成功された先生に感謝しかない。
手術後から3種類の目薬と抗菌剤服薬。翌日退院。
しかし、退院した夜、左腕が痙縮して3度起きた。両足も勝手に動く…
翌日の眼科外来で話したら抗菌剤中止。肺がん主治医に連絡したら同じ見解だった。目薬だけで大丈夫と言われ安堵。
右目は順調に回復。白い視界もなくなり上下左右全体が視えて余裕を持って動くことができる。

2023年8月23日
虎の門病院呼吸器内科外来。
腫瘍マーカーは1.7下り18.9になった。CT画像も変わりない。
先月の酷い副作用を話した。

主治医曰く『副作用が強いから効果あるとは限らない。副作用が無くても効果がでる場合もある。副作用が無く効果が出ることが1番良い』との事で今回の副作用を診て来月継続するか決める事になった。

治療から1週間経ち、副作用は軽かった!
多分、来月以降も継続できる。

2023年9月1日
左目の白内障は進んでいないので次回検査して決める事になった。

2023年9月20日
虎の門病院呼吸器内科外来。
腫瘍マーカーは更に2.6下り16.3になり治療継続。レントゲン画像も前回と変わりなく進んでいない。点滴後4日間は副作用で寝たり起きたり。25日朝から復活、ベッドパッド等の洗濯をした。

2023年9月28日
3ヶ月に1度の内分泌内科外来
白血球が1400で医師が驚き1週間前の抗がん剤副作用を話し了承。
ヘモグロビン8.3、夜間頻尿、浮腫が有ると心臓が弱っているので次回呼吸器内科主治医に確認。また脱水なのでコップ1杯分水分を増やす事を心掛ける。

2023年10月6日
眼科受診
両目の検査をして左目の白内障手術をするかは私が決めて良いと言われた。
来年1月の検査で決める事とした。

2023年10月18日
虎の門病院呼吸器外来。
腫瘍マーカー16.3→16.6
初めて微増(TOT)
CT画像は不変及び小さくなっているとの謎の見解で治療継続。

内分泌内科医師からの伝言を伝えたら、心臓は毎回診ているので大丈夫との事。良かった。

ヘモグロビン値8.3→8.8
抗がん剤副作用なので仕方ないが6台になったら輸血して治療継続するとの事。
レバー小松菜食べまくる!

翌日からの副作用は酷かった…
9日後復活した。

5yearsXmas会支払い完了
貧血改善して元気に参加できる事を願いつつ紅葉の季節を楽しみながら歩いて体力維持に勤しみたい。

お友達申請される方々に感謝。
個別の御礼はできませんが応援しています。辛い治療を乗り越え語り合える時を目指し前に前に進むだけです。

2023年11月15日
虎の門病院呼吸器内科外来
腫瘍マーカー16.6→15.5
レントゲン画像不変
ヘモグロビン8.8→8.9
HbA1c6.2→6.1
全て良い結果で治療継続。

主治医より
『肺癌のドセタキセル治療は
5回位は効く事はよく有るが、
10回以上効く事は殆んどない。
とても良く効いています』

点滴後の副作用は3日で治まる。

毎日、体調の他、外出、来客、友人と会話等記録している。
11月は15日、2日に1度は活動していた。
11月下旬、孫と親戚と小曽根真ジャズピアノコンサート鑑賞。
感動した。
11月30日
65歳の誕生日迎えられた。
5年前にStage4となり5年間生存は無理と思い年金繰上げした。
年金額は激減したけど計り知れない感動と感謝を日々頂いている。

2023年12月10日
5yearsXmas会参加

2023年12月13日
虎の門病院呼吸器内科外来
腫瘍マーカーは微増
画像は不変
貧血も改善され治療継続
1年間ドセタキセル治療継続できて嬉しい。

2023年12月28日
内分泌内科外来
異常なし

2024年1月10日
呼吸器内科外来

CT検査時、昨年1年間に右上腹部の激痛(10段階中9の痛み、10秒程で治る)が度々起る事を話した所、検査技師が主治医に連絡を取り腹部CTが急遽入った。
これで激痛の原因が解ると安堵した。
午後の診察、腹部CT結果は
なんと全て異常なしだった!
痛みの原因は不明…
主治医が「それより内臓脂肪がすごいね」と
脂肪の厚さを計測(^_^;)

腫瘍マーカーは15.5に下った。
肺CT結果も変らず13回目の
ドセタキセル治療継続。

Stage4となり毎月(キイトルーダは3週間毎)の抗がん剤治療を続けていて5年目となる昨年8月末で60回を超えた。
今回で通算65回目を越えた事に気づき辛く苦しい出来事も勲章のように思えた。

【ご登録時の状況】

治療中

【思うこと、考えること】

2014年Stage1の肺癌で手術して抗がん剤治療もなく元気に仕事復帰していた。突然の肺癌stage4となり、その事実を受入れる事に時間がかかりました。しかし、痛みの原因が解り安堵と共に、肺癌の進行する速さに絶望感を感じた日々でした。骨転移を知らず制服着てヒールを履いて車通勤をしていた時の激痛は今でも忘れない。知らないとは恐ろしいものです。右骨盤に転移したので右足に負荷をかけてはいけないので入院中は松葉杖で階段昇降等のリハビリを頑張った。右足を少しでも動かすと激痛でしたが放射線治療と抗癌剤により、痺れだけになり少しずつ動かせる様になりました。
翌年春、松葉杖と車椅子なしでの歩行許可となり再び歩けるようになった喜びは忘れる事ができません。

2022年は副作用に耐え分子標的薬4種類、抗がん剤1種類したが腫瘍マーカーが下らず全く効果がなかった。
悩み細胞の本を読んだ。
生物学者 福岡伸一著
『最後の講義』
『生物と無生物のあいだ』
私が悲しもうが凹もうが体は絶え間なく「合成と分解」を繰り返している、1年前の私と今日の私はほぼ別人と解り気持ちを立て直し前向きになれた。

2018年〜2023年の5年間
①5種類の分子標的薬
タルセバ、アバスチン、ジオトリフ、タグリッソ(最強の薬)
ランマーク(継続中)

②免疫チェックポイント阻害薬
キイトルーダ(2年間効果あり)

③4種類の抗がん剤
パペプラチン、アムリタ、ティーエスワン、タキソテール(継続中)

毎日3食作り野菜根菜中心に
食べている。玄米を主食にしている。
日々、睡眠、食事、入浴、排泄が規則的にできる。

2年前に親知らずを1本抜き31本自分の歯。良く噛み何でも食べれて嬉しい。

娘婿がスマホにディズニー+を入れてくれてグレイズアナトミーを繰返し視聴できて嬉しい。

ネットで購入した安いウイッグを美容院でカットして貰い地毛の様な自然なウイッグになり満足。
娘がメルカリで無農薬野菜セットを10日毎に購入してくれる。
メルカリ凄い!

【その他】

[血液型] O

[星座] 射手座

[好きな季節] 夏

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(23231人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


肺がん


患者さんとの関係

本人


病歴・治療歴

2000年09月:近所の大学病院の細胞診検査にて左乳房の癌と診断。虎の門病院乳腺外科にてセカンドオピニオンを受け入院が決定。

2000年09月:虎の門病院乳腺外科入院。

2000年10月:左乳房全摘出手術。ステージII。リンパ腺転移1/16。

2000年11月:通院にて抗癌剤治療CMFスタート。6クール予定。髪は抜けず。嘔吐下痢悪寒激しい。皮膚と爪が黒くなる。不眠あり。

2001年04月:抗癌剤治療の副作用が強く4回半でドクターストップとなり終了。私の癌はホルモン治療の効かないタイプの為ホルモン剤の服用はなし。半年毎の検査にて経過観察。5年以降は年1回の検査にて経過観察。

2014年08月:5年前より咳喘息になり、乳がん主治医が開業したクリニックの隣の病院に通院。パート中、咳喘息が悪化する。

2014年09月:日本プレスセンタービル内にある中田クリニックで咳喘息の薬処方。念の為肺のレントゲン撮影。数分後、2年前の写真と見比べていた医師より僅かな違いを発見された。2日後虎の門病院附属健康管理センターにてCT検査。1週間後、CT画像の左上肺に腫瘍が移り、乳がんの転移も含め虎の門病院呼吸器内科に変わる。1週間後、原発のステージIの肺がんの告知。9月末入院。

2014年10月:10月9日左上葉切除。リンパ節転移なし。胸壁に15×14×12mm大の浸潤にて補助療法として経口抗癌剤UFTを2年間服用するとの事。10月15日退院。

2014年11月:UFT服用スタート。しかし翌日から激しい咳が出て医師により服用中断。

2014年12月:UFT服用再開。しかし、今度は精神的に不安定になり医師の判断で服用中止。半年毎のCT検査にて経過観察中2015年1月と7月のCT検査異常なし。

2016年01月:肺CT検査異常なし

2016年04月:右乳房マンモ検査&腹部エコー検査を受け、16年目も異常なし

2016年07月:肺CT検査異常なし

2017年01月:肺CT検査異常なし

2017年07月:肺CT検査異常なし

2017年10月:乳癌17年目検査(右胸マンモグラフィー検査、腹部超音波検査)異常なし

2017年11月:突然の右下肢激痛で歩行困難。主治医紹介で整形外科受診。検査結果異常なし。原因不明。痛み止めによる対処療法で仕事をする。

2017年12月:中旬、痛み止め効果あり、痛みがなくなる。

2018年01月:1月22日、肺CT検査異常なし

04月下旬、右脚股関節激痛で歩行困難。休職。

05月医療法人社団一輝会おおはし整形外科(所沢市)にセカンドオピニオン。仙骨部神経ブロック、神経疼痛鎮痛剤服用、リハビリ等様々な治療をするも改善されず。原因不明。

06月初旬、大橋先生の指示で骨盤内MRI検査。午後受診にて骨盤内に腫瘍ありとの診断確定。

06月6月20日虎の門病院にて全身PET検査。6月21日虎の門病院呼吸器内科入院。

07月骨盤内生検により肺癌由来の転移確定。両肺及び骨の多発性転移。放射線治療と抗がん剤治療(3週間毎アバスチン点滴、毎朝起床後タルセバ150mg服用)月1ランマーク注射、右脚に負荷をかけない為の松葉杖のリハビリ

08月下旬、退院

09月9月5日診察前X線で両肺に無数にあった癌が見当たらず消えているとの事。結果良好で治療継続。しかし、歯出血が酷くなり食事が困難。9月下旬入院。

10月入院中歯科治療をしたら改善。出血は有るがアバスチン副作用との見解はグレーだが、暫く中止。タルセバ150mgだけで様子を診ることとなる。10月3日退院。

11月下旬、診察前X線、前回同様両肺のガンは見当たらず消えたままである。腫瘍マーカーは3ヶ月間下がり続けている。結果良好によりタルセバを100mgに減薬。翌日から副作用が激減。右脚激痛がなくなり家の中は松葉杖なしでも歩行可能。半年間は強い負荷を掛けてはいけない。

11月11月30日無事に還暦を迎える。

2020年01月:レントゲン検査に両肺の癌がはっきりと映るようになった。

03月1月~3月のレントゲン検査に両肺の癌が映るようになり腫瘍マーカーも月々に上がってきた。家族と主治医が相談の結果、コロナ流行の懸念も鑑みて早急に次の治療をする為に入院する事となる。

04月4月1日、虎の門病院分院に入院。免疫チェックポイント阻害薬キイトルーダ+カルボプラチン+アムリタによる化学療法が始まる。

07月7月7日、虎の門病院分院を退院。免疫治療の副作用が酷く抗癌剤を75%に下げた。治療間隔は3週間から4週間にする。点滴後副作用が治まる2週間前後を入院、残りの2週間前後は自宅で静養。

07月7月27日、外来での化学療法。キイトルーダ+アムリタ75%のみ。

08月8月24日、外来での化学療法。

09月9月25日、突然の腹痛嘔吐下痢で救急搬送。虎の門病院分院に入院。様々な検査の結果、化学療法による副作用ではなくて前日夕食の貝類の加熱不足による腸管ビブリオの可能性大との見解となる。

10月10月2日、キイトルーダ+アムリタ75%の化学療法をする。副作用は軽く問題なく過ぎる。10月12日無事退院。体重は5キロ増えて両肺の癌は消えてないが進まず。腫瘍マーカーも下がり免疫治療の効果あり。このまま外来治療継続する。


治療を受けた病院

虎の門病院(乳腺外科、呼吸器内科、呼吸器外科)。中澤プレスセンタークリニック。中田クリニック。おおはし整形外科。


病院に対する満足度

とても満足

【関連のエピソード】
2度の癌で沢山の先生方にお世話になったがどの先生に聞いても明快に答えて下さり安心して治療ができました。


会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する