TOPへ

こんこん

治療終了のメンバー

こんこん

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


【年代】50代

【都道府県】兵庫県

【自己紹介】

2017年6月に上咽頭ステージ4Cと診断されました。
現在復職して通常勤務中です。
味覚は甘味以外はほぼ戻りました。唾液はほとんど戻っていません。
でも味が戻ったので食事は出来るようになり、体重も底から10キロ太りました!
手足の痺れは戻ってません。皮膚もビニール風からちょっと皮膚風に治りました。
右鼓膜の再建に向けて別治療中です。

【ご登録時の状況】

2017年6月に上咽頭ステージ4Cと診断されました。
肺とリンパへの遠隔転移があったので
化学療法3回の後、化学療法+放射線療法40回行いました。
退院3ヶ月後に職場復帰しました。
ボロボロでしたが働いている方が家にいるより
気持ちがましだったので頑張ってみました。

【思うこと、考えること】

なんとか1年生き延びました!
今年1年も頑張ろう!

【その他】

[血液型] O

[星座] 乙女座

[趣味・特技] 仕事ですかね

[既婚/未婚] 既婚

[長所] 悩まない所

[好きな動物] なんでも大好き

[好きな食べ物] なんでも大好き

[好きなスポーツ] なんでも大好き

[好きな色] 赤

[好きな季節] 真夏

[好きな音楽ジャンル] ボサノバ

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


上咽頭がん



上咽頭がん

この病気のエピソード
2017年5月末、2ヶ月近所の耳鼻科に通っても滲出性中耳炎が治らなかった為、鼓膜のチューブ手術希望で市民病院へ転送してもらいました。(鼻から空気を入れて内圧と外圧を一緒にしてもらっていたのですが、その内“何かが邪魔で空気が入れられない”という状態になりました。) 転送先の市民病院で内視鏡を鼻から入れたら、何やら黄色い物体が画面に映し出されました。 即座に生検され、上咽頭ガンと診断されました。 その日のうちに市民病院から大学病院へ2度目の転送。 触診や目の症状など、滲出性中耳炎以外の症状が無いため、ステージ2だろうと大学病院の主治医から言われていたのもつかの間、サイズ70ミリの原発ガンとリンパ腺、肺への遠隔転移が発見され、ステージ4Cまで行ってしまいました。 化学療法3クールと化学+放射線治療35回での半年間の入院と3ヶ月の自宅療養中です。 退院後最初のPETCTで寛解と診断されましたので、3月末には職場復帰です。

患者さんとの関係

本人


病歴・治療歴

2017年03月:右耳滲出性中耳炎になる

2017年05月:上咽頭癌と診断される

2017年07月:3ヶ月間の化学療法(肺への遠隔転移を先に治療)

2017年10月:3ヶ月間の放射線治療と化学療法

2018年05月:右耳中耳炎再発。鼓膜が無くなる

2018年12月:無くなっていた右耳鼓膜再建に向けてのパッチテスト開始


リハビリ・復帰歴

2018年03月:9ヶ月休職後、職場復帰


病院に対する満足度

満足


病院に対する満足度

満足