TOPへ

ハッシン

治療中のメンバー

ハッシン

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(18911人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


【生まれた年】1956年

【都道府県】神奈川県

【職業】会社員

【自己紹介】

私は2010年の秋に人生で初めて受けた人間ドックの胸部CTで「右肺に出来物のようながあり、脂肪か細胞の塊ではないか」と言われました。ということで、その時はさほど気にもしませんでしたが、徐々に気になり翌年2月MRIを取りました。それでもはっきりとはわからず、どうするか聞かれ、手術を決め、4月に内視鏡で摘出し、病理検査で悪性胸膜中皮腫と診断されました。それからは、嵐のような日々でした。紹介された順天堂医院で7月に手術をして、その後半年に2度合併症で入院しましたが、お陰様であと半年で7年目になります。
先日のニュースで「5years」が紹介され、メダルを授与されている光景を目にしました。
その光景が目に焼き付き、今ここに登録しています。

【ご登録時の状況】

私は業務上のアスベスト被害のため労災ですが、まだ「症状固定」でありません。術後の痛みやむくみがあり、病院に薬をもらいに行く状況が今後も死ぬまで続くと思います。
そういった状況をここに登録するで、少しでも精神面で楽になりたいと思っています。

【思うこと、考えること】

自覚症状もなくある日突然「あなたの右肺はダメだから、摘出しか方法はない」と言われ、片肺になることも想像できず、いやしたくもなかった。実際、片肺生活は想像を遥かに上回っていました。最近、ようやく慣れてきた感はあります。
私は2度と全力疾走ができず、普通にスポーツができる人が羨ましいです。失った代償の大きさを今も消化できずにいます。

【その他】

[血液型] A型

[星座] しし座

[趣味・特技] 水彩画(道具は揃えただけで・・・)

[既婚/未婚] 既婚

[長所] 開き直り、なるようにしかならないと思えること

[好きな動物] 犬

[好きな食べ物] ラーメン

[好きなスポーツ] サッカー(W杯)・相撲

[好きな色] 水色

[好きな季節] 冬以外

[好きな音楽ジャンル] 1970~80年代歌謡曲

[好きなブランド] 得になし

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(18911人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


胸膜中皮腫


患者さんとの関係

本人


病歴・治療歴

2010年09月:人生初の人間ドックで右肺に胸膜腫瘍を確認

2011年02月:MRI検査 ガンの種類は特定できず

2011年04月:上旬 視鏡手術で直径4㎝ほどの胸膜腫瘍を摘出

2011年04月:下旬 病理検査で悪性胸膜中皮腫と判明

2011年05月:初旬 順天堂医院アスベスト外来を受診、下旬鈴木健司先生外来受診

2011年06月:右肺及び胸膜全摘出手術以外に治療法なし。手術を決断。

2011年07月:上旬 術前生検手術

2011年07月:中旬 順天堂にて悪性胸膜中皮腫を確認

2011年07月:下旬 右肺及び胸膜全摘出手術

2011年11月:上旬 術跡に痛み・体液漏れ。

2011年11月:下旬 痛み増幅。膿胸と診断。右肺を内視鏡により洗浄する

2012年02月:上旬 歩行時に呼吸が苦しくなる。レントゲンにて胸水滞留確認。原因は不明。1回目胸水穿刺実施後、呼吸改善する。

2012年02月:下旬 呼吸が苦しい。2回目胸水穿刺。「抗がん剤治療を」と言われる。

2012年03月:初旬 PET-CT検査 

2012年03月:中旬 抗がん剤治療のため入院。胸水中皮腫細胞有無で怪しい細胞を確認するが、細胞診レベル3で、抗がん剤治療は見送り。

2012年03月:下旬 胸水滞留原因把握のため、各種検査(CT・超音波・カメラ等)で全身調べるが原因掴めず。

2012年04月:上旬 退院するが胸水滞留のため、呼吸が苦しい。

2012年04月:中旬 3回目胸水穿刺。呼吸改善するが、その後1日間激しく咳き込む。

2012年04月:胸水滞留は原因不明だが、滞留防止のため、利尿剤を服用。

2012年05月:徐々に滞留が改善し、レントゲンでも確認されず。

2015年05月:初旬 4年目を前に右脇手術痕に膨らみ出る。痛みも。

2015年05月:中旬 呼吸器外科にて診察。感染症ではない。

2015年05月:下旬 PET-CT検査

2015年06月:初旬 PET-CT検査にて右肺反応し、腫瘍と判明するが、悪性かは不明。

2015年06月:中旬 形成外科にて細胞採取。膨らみ徐々に縮小化。

2015年06月:下旬 病理結果にて良性と判明。先生も嬉しい誤算に驚き、本人は脱力状態。

2015年07月:初旬 再燃ストレスか左首周囲に帯状疱疹発症。完治に2か月要す。


リハビリ・復帰歴

2011年09月:労災のため、会社も通勤から慣らし運転と言うことで了解を得る。片肺での通勤は予想通りたいへんであった。最初のうちは疲れて、昼寝にて爆睡。

2011年11月:膿胸にて再入院。

2012年01月:合併症の膿胸が落ち着いたため、勤務を再開する。

2012年03月:胸水滞留がわかり再再入院。

2012年05月:合併症の胸水滞留が落ち着いたため、勤務を再開する。

2015年05月:右脇下に膨らみ、痛みがでる。

2015年06月:病理検査は陽性と判明し、直後、膨らみ、痛みも解消。

2015年07月:左首筋、帯状疱疹発症。完治に2か月要す。

【関連のエピソード】
2回の合併症の再入院は、どちらとも原因が分からず仕舞いでありました。 その2年後、手術跡が膨らみ、痛みもありましたが、これも原因は不明。手術跡に膨らみが出たときは再燃したかと絶望しました。これも結果的には事なきを得ました。しかし、2017年12月時点で約6年半経過しますが、いつまた手術跡周囲に膨らみが出るなどの思わぬことになるかも知れないといった不安が払拭できずにいます。


治療を受けた病院

順天堂医院


中皮腫 (合併症2回(膿胸・左肺胸水滞留、2回とも原因不明))


病院に対する満足度

満足


会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する