TOPへ

こうめ

治療中のメンバー

こうめ

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


【自己紹介】

ひとり娘と夫と3人家族です!
現在治療中です☆

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


子宮頚がん (扁平上皮がん 多発リンパ節転移あり)


患者さんとの関係

本人


病歴・治療歴

2017年06月:大量の出血が続き産婦人科受診。子宮頚がん、扁平上皮がん、多発リンパ節転移、左鎖骨リンパ節にも転移が見つかりステージ4b。腫瘍は膀胱に近接しており5センチくらい。他重複がんや遠隔転移はなし。

2017年09月:化学療法開始。アバスチン+カルボプラチン、パクリタキセル。3週に1度、2泊3日の入院で実施。

2018年03月:化学療法9回目で終了。

2018年05月:準広汎子宮全摘手術にて、子宮、卵巣、卵管 摘出。術後尿意がなくなるも自尿。

2018年05月:PET検査、左鎖骨上リンパ節転移は画像上消失するも、腹部のリンパに集積が見られる。

2018年07月:多発リンパ節転移の治療が始まる。放射線治療(IMRT)、みぞおちから下腹部までの範囲のリンパに照射開始。

2018年08月:放射線治療、全31回終了。副作用は軽度の皮膚障害、ムカムカ、下痢、胃痛。

2018年11月:造影剤CT、左鎖骨上リンパ節がわずかに増大以外は悪性を疑う所見なし。がん発覚時33あったマーカーSCCがようやく1.5まで下がる(上限1.5)

2018年12月:PET検査、左鎖骨上リンパ節と腹部ぼう大動脈近くの2か所に集積見られる。左鎖骨リンパ節の方が光り方が強い。

2019年02月:左鎖骨上リンパ節に放射線(IMRT)局所で照射開始。

2019年03月:放射線治療全33回終了。副作用は皮膚炎、食道の炎症。

2019年03月:手術後なくなった尿意が戻りつつある。マーカーSCC(上限1.5)ピーク時 33が1.4まで下がる。

2019年05月:左鎖骨上リンパ節への放射線治療の効果判定結果、縮小。マーカー SCC1.1(上限1.5)。肝機能の数値が2018年秋頃から治療レベルではないが高めが続いている。

2019年07月:マーカーSCC(上限1.5)が0.9、肝機能の数値も基準値内に下がる。