TOPへ

furuyama

治療終了のメンバー

furuyama

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


【生まれた年】1964年

【都道府県】福島県

【職業】会社員

【自己紹介】

04年7月肺がん右上葉切除、リンパ転移があり、ステージⅢaでした。5年後はないかなと思っていましたが、11年経過しています。
05年3月荒川市民マラソン完走しました。05年4月宮古島トライアスロンでは、過呼吸、血痰で何度もリタイヤを考えましたが、なんとか完走。
もうレースはいいかなと思っていましたが、トライアスロン(佐渡A、宮古島)、マラソン(フル、100km)など続けています。

【ご登録時の状況】

術後11年経過。ゆっくりであれば、長く動くことは問題ない。
しかし、速く走ると呼吸が苦しい。1秒率が50%程度。肺活量自体は4000mlあるが、半分も使えていない感じ。
痰が絡むことが多い。

【思うこと、考えること】

がんは、最悪な病気ではないと思う。事故や災害で亡くなるよりよい。少なくともがんと診断されて、次の日に死ぬことはない。死までの猶予期間がある。人が死ぬ確率は、100%。いかに生きるかを深く考える機会が得られたと感じている。

【その他】

[血液型] B+

[趣味・特技] トライアスロン、マラソン

[既婚/未婚] 既婚

[好きなスポーツ] 七大学柔道

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


肺がん


病歴・治療歴

2004年04月:人間ドックで二次検診要の診断

2004年06月:CT検査、気管支鏡検査で右肺肺線癌確定。Ⅰa 20㎜、リンパ腫れなしの診断

2004年07月:5日入院。8日右肺上葉切除、左肺も細胞検査。21日退院。

2004年08月:術後の診断結果。良い情報:CEA1.3。悪い情報:縦隔リンパ節転移あり、左にも癌あり、左は右と別と判断し、Ⅲa。

2004年08月:23日入院。抗がん剤パクリタキセル(タキソール)+カルボプラチン(パラプラチン)。31日退院。

【関連のエピソード】
抗がん剤治療中も普通に仕事をしていました。午前中抗がん剤をうって、午後出勤。ジムでのトレーニングも続けました。しかしながら何とも気分は良くなかったです。抗がん剤は、がん細胞をたたくものですが、正常細胞にも影響を与えるような気がしました。髪は抜けたが、もともと坊主にしていたので、気になりませんでした。 18年1月追記 がんになる前の食事はひどかったと思います。 朝は家で食事(ごはん、味噌汁、おかず)を採っていましたが、昼はサラダパンと菓子パンと牛乳、夜は社食でラーメンかうどんかそばでした。ジムでトレーニングして、夜は寝酒に日本酒でした。水代わりに牛乳を飲んでいました。1L飲むこともあり、そんな時は決まって次の日下痢でした。 がんになってから、食事を変えました。変えるきっかけは、「病気にならない生き方」を読んでからです。牛乳、肉、ラーメンを減らしました。米は玄米にしました。有機栽培の米です。朝は家で、昼夜は弁当を作ってもらって会社で摂ります。バランスの良い食事にしてもらっています。果物も積極的に摂っています。福島は果物王国なので、夏は桃、秋は柿、冬リンゴなど季節に合わせていただいています。牛乳は基本的に止めて、コントレックスを摂るようにしました。その結果変わったのが、おならの匂いです。以前は臭くてたまらなかったのが、匂いが気にならなくなりました。大便の状態も詳しく書きませんが、変わってきました。腸内環境がよくなってきたのだと思います。日本酒は変わらず飲んでいます。手術の後遺症で、強度の高い動きをすると呼吸が苦しいですが、強度をコントロールして、マラソン、トライアスロンを続けています。今年でがんになってから14年目に突入です。


リハビリ・復帰歴

2004年10月:いわて北上マラソン10㎞完走1:00

2004年11月:つくばマラソン10㎞完走1:04

2005年03月:東京・荒川マラソン42.195km完走4:44

2005年04月:宮古島トライアスロン完走13:04

【関連のエピソード】
術前の宮古島は9:32だったので、術後37%アップ。フルは、47%アップでした。 現在は、いずれも二割アップ程度です。5年程度は順調に縮んだが、それ以降は年の性か向上していないです。 19年7月11日追記 7月8日で手術から15年経ちました。当時はどうなるかと思っていましたが、どうにかなっています。なるべく好きなことをやろうと思い、マラソン、トライアスロンをして、七大学柔道観戦を楽しんでいます。今年出場したレースは、1月ワイドーマラソン100km、3月板橋区マラソンフル、4月宮古島トライアスロン、6月銀河100kmです。先週福岡で七大学柔道観戦してきました。出身校が優勝して、気分が良い。今週末長井トライアスロン、再来週富士登山競走です。富士登山競走は、5合目の制限時間クリアが限りなく難しい、来年の出場資格のタイムも最近超えていないので、今年が最後の可能性が高い。出場できる幸せを感じて、苦しんできます。 19年9月15日追記 7月26日私の富士登山競走が終わりました。5合目のタイムが2:31。3年連続2:20切れず、来年の出場権が無くなりました。92年初出場して、8合目制限タイムオーバー。93年5合目打ち切り。94年山頂コース初完走し、03年まで完走。04年に肺がん発症、右上葉切除。肺機能低下のため、08年まで不出場。09年再挑戦、スタートラインに立てたことだけで、感動しました。今回まで、完走を目指して、挑戦を続けたが、結局完走することはできませんでした。肺機能と年齢的に無理なことがよくわかりました。富士登山競走ロス気味ですが、次のレースに向けて、トレーニングあるのみです。