TOPへ

もべっと

治療終了のメンバー

もべっと

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


【自己紹介】

2011年から牛の獣医として北海道で働く。
2017年1月末頃から風邪がなかなか治らず、先輩から、顔が白いと言われる。動くと息切れするようになってきた。
2017年2月末に急性リンパ性白血病と診断される。(その時までただの貧血だと思ってました。)
寛解導入療法にて完全寛解となるも、播種性真菌症を合併。
左肺上葉切除ope後、地固め療法3クール。
その後、弟よりHLAフルマッチで骨髄移植。
2018年1月に退院し、外来通院となり、4月から事務で職場復帰。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


急性リンパ性白血病 (Ph(-)ALL 播種性真菌症)


患者さんとの関係

本人


病歴・治療歴

2017年02月:寛解導入療法(CALGB8111)

2017年03月:真菌(ムコール)が肺、腎臓、肝臓、脾臓に感染。急に生命の危機。白血病は完全寛解。

2017年04月:左肺上葉切除(ムコールの親玉を除去するため)

2017年05月:地固め療法①(hyperCVAD/MA)

2017年07月:地固め療法②

2017年08月:地固め療法③

2017年09月:骨髄移植

2017年10月:レンサ球菌感染症、中耳炎

2017年11月:急激に腎機能が悪化、アムビゾーム(抗真菌剤)を漸減、12月には中止へ

2018年01月:退院

2018年04月:職場復帰(内勤)

2018年06月:免疫抑制剤(プログラフ)中止

2018年11月:ヘルペス予防剤(バラシクロビル)中止

2018年11月:低用量ピルにてホルモン補充療法開始

【関連のエピソード】
寛解導入中に予後不良の播種性真菌症(侵襲性ムコール症)となり、そこから12月初めまでアムビゾームという抗菌剤をほぼ毎日点滴していました。 その副作用のため腎機能は高度低下(CKD,G4)しています。クレアチニンは2018.9現在2.38。 それ以外の移植後の経過としては良い方らしく、弟の免疫細胞が残存していた真菌病変(肝膿瘍)まで駆逐してくれました。 主治医いわく、播種性ムコールになってこんなに元気にしてる人は世界中であなただけだと思う、とのことで、学会で発表してくれました。 色々なタイミングや周りの人や環境に、恵まれていたんだと思います。


リハビリ・復帰歴

2018年04月:職場復帰(内勤)

2019年02月:現場復帰(少しずつ)

【関連のエピソード】
入院中は、担当の理学療法士さんと作業療法士さんに、長らくお世話になりました。退院できたのもリハビリがあったおかげです。 また、退院後の自宅療養は、最高の食欲復活リハビリになりました。


治療を受けた病院

某赤十字病院

【関連のエピソード】
家がど田舎なので、車で病院まで2時間半ほどかかります。冬は3時間以上…遠い(T-T) スタッフの皆様に恵まれて入院生活は比較的快適だったと思いますが、やっぱり家が一番!


病院に対する満足度

満足