TOPへ

ゆいにゃん

家族のメンバー

ゆいにゃん

家族のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


【自己紹介】

6歳年下の42歳の夫が膵臓ガンIVbと診断されました。
少しでも情報が欲しいので登録しました。
夫は「あんた(私)が知っていればそれでいい」と言って
詳しいことを聞きたがりません。
こちらに登録していることも知りません。
ただただ静かに穏やかに生きている人です。
私は口うるさくて何でも知りたがる性格で引き下がることは
負けだと思っています。
夫を知る人に初めて会った時など夫君からは想像できひん奥さんやなーと言われるような似ても似つかない夫婦です。
逆もまた然り。
そんな夫婦ですがどうぞ宜しくお願いします。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


膵(すい)臓がん

この病気のエピソード
5月30日に主治医に聞く 膵頭部38mm 肝転移2ヶ所

病歴・治療歴

2018年04月:11日:個人病院での血液検査の結果、市民病院への紹介状をもらう。CA19-9が8000超え

2018年04月:13日:市民病院での検査の結果おそらく膵臓ガンであろうと診断。腫瘍が血管を巻き込んでいるので切除不能。リンパも腫れている。ここでは標準治療しか出来ないので・・・と治験をやっている隣の市のがんセンターを紹介される。CA19-9が10000超え

2018年04月:16日:がんセンター初診。19日~22日まで検査のため入院

2018年05月:2日:肝臓に小さな小さな転移あり。膵臓ガンⅣbと診断。がんセンターは治験をやっていなかったので隣県の大学病院での治験をお願いするが血小板・白血球の値が低くできないと…標準治療なら家から近い方がいいであろうとのことで◓◒への紹介状を頂く。

2018年05月:7日:◓◒初診。8日:化学療法の副作用を見る為にということで入院。9日より化学療法開始

2018年05月:9日:1クール1週目、アブラキサン+ゲムシタビンの化学療法開始。元々血小板の数値が低いので80%で始まる。開始前の血小板は80000。ゲムシタビンが50分かかる。不安になる。

2018年05月:16日:1クール2週目、血小板60000。この日も80%。ゲムシタビンも50分。長すぎて不安。

2018年05月:23日:1クール3週目、血小板30000。スキップ。不安しかない。

2018年05月:30日:1クール4週目になるのかしら?先週スキップしたので3回目。白血球952。スキップ・・・

2018年06月:4日:2クール1週目、血小板はOK。白血球(好中球)2142低め。減薬80%。初めて時間通りに終わった。来週までの副作用の出方が気になる。

2018年06月:11日:2クール2週目、血小板8.5、白血球(好中球)1245低いギリギリ。減薬80%。初めての通院治療。プロですね。安心して任せられました。午後6時、投与終了から2時間。すでに倦怠感でいっぱいみたいだ。

2018年06月:18日:2クール3週目、血小板⒌6、好中球660。スキップ。予想はしていた。仕方ない。

2018年07月:2日:3クール1週目、血小板10.6、好中球3200。減薬80%、多分このまま減薬でいくでしょうとのこと。投与終了から4時間後に倦怠感。先週のCTの結果、原発巣・リンパ節転移は縮小傾向、多発肝転移は不明瞭化とのこと。夫がしばらくはこのままでいきたいと言うので夫の意思を尊重して転院は先延ばしに。本人の意思が最重要と今更ながら気付かされました。追伸:温熱療法ハイパーサーミア開始

2018年06月:18日:血液検査結果()内は5月7日。CA19-9=1680(10580)、CEA=2.0(3.4)、DUPAN-2=980(2700)、SPAN-1=330(1100)

2018年07月:9日:3クール2週目、血小板⒌8、好中球828。減薬60%。骨髄抑制が早くきたのか…温熱療法が合わなかったのか…夫は2投2休でいきたいと言うが少なくても大丈夫なのか…夫の望み通りにはしたいが不安は残る。

【関連のエピソード】
肝臓の転移は初め他の場所に影があったので詳しい検査をしましょうということで検査した結果わかりました。初めに見えた影は転移ではなく他のところに小さな小さな転移が1つ見つかりました。影はおそらくガンではないと検査の前に聞いていたので他のところに見つかった転移はショックでした。


治療を受けた病院

◓◒病院名は削除しました(^^)

【関連のエピソード】
身も蓋もない医師。 絶望のどん底に突き落とされた。 希望を持たすのがそんなに嫌なのか。 病気のことだけでなく人の心も勉強してほしかったよ。 残念。


病院に対する満足度

とても不満


膵(すい)臓がん


患者さんとの関係

配偶者

【関連のエピソード】
大事な大事な愛する夫です。 大人しく無口な優しい優しい人です。 中2の男の子の父親でもあります。 子供には全て話してあります。 子供より親が先に逝くのは当たり前ですが 夫が妻より先に逝ってはダメです。許さない。 だから子供の父親としてではなく私の愛する夫として がんばって勝ってほしいです。 あと10年20年30年一緒にいられることを願ってます。