TOPへ

ハガネ

治療中のメンバー

ハガネ

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


【生まれた年】1968年

【都道府県】東京都

【職業】無職(治療中)

【自己紹介】

ハガネです。乳がん右胸全摘出とリンパ転移で手術後、現在抗がん剤治療中です。
(20180710追記)
4クールの抗がん剤治療終了。ホルモン剤治療スタート。

【ご登録時の状況】

乳がん及びリンパ転移で右胸全摘出及びリンパ腺切除手術と入院退院(リンパ液排出量減らず)→右胸に溜まったリンパ液抜く注射4回→抗がん剤治療→ホルモン剤治療中(2018.11現在継続中)

【思うこと、考えること】

一昨年(2016)父が膵臓がんで亡くなり、昨年(2017)叔父が大腸→肝臓→肺への転移がんで長い闘病の末亡くなりました。危篤状態の中、自身に乳がんが発覚(2017.10)。目の前で叔父を看取ってから間もなく自身が同じがんという病にかかった事実に押し潰されそうになりながらなんとか治療を受けています。その間友人達は結婚出産とおめでたい事柄が続いていて…とても良いことなのに聞かされてなかったり(友人達の気遣いだとはわかってます)これからホルモン剤治療に移行予定ですが今以上にメンタルを削られると聞いていて不安です。
(2018.10追記)ホルモン剤副作用で常時関節痛と血管痛、特に膝が痛くてサポーター使用やトイレプチリフォームをせざるを得ません。諭吉先生と沢山さようならしました。背に腹。確かにメンタルは(主に痛みで)削られます。体調が悪く誰とも会えない(誘われなくなった)ゆえか時折不安感で潰されそうになり号泣してしまったり。ごくたまに人と会うと歩くスピードが全然遅くて「えっ何してるの?」という顔されるのがとても辛いです。

【その他】

[血液型] AB

[星座] 魚座

[趣味・特技] 読書(小説でも漫画でも何でも好き)と小説書き

[既婚/未婚] 未婚

[長所] 発想の転換しよう!とわりと早く思えること

[好きな動物] 水族館にいる動物(爬虫類は×)

[好きな食べ物] 柿の種と洋菓子

[好きなスポーツ] 見るのはなんでも好きです

[好きな色] 青と白と黒(色はなんでも美しいと思います)

[好きな音楽ジャンル] BUCK-TICK

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


乳がん

この病気のエピソード
2016年春に膵臓がんで父死亡、翌年秋2017年叔父が大腸からの転移がんで闘病の末死亡、その納骨法要前日に乳がんと宣告を受けました。初期だが位置がリンパに近いので全適になりました。開胸したらリンパに転移していました。右胸全適&リンパ切除(センチネルリンパ切生検)手術&入院の後、現在は抗がん剤治療中です。誕生日は病室で迎えました。父と叔父が亡くなってからあまりにも短期間すぎて気持ち(とお金)がついていかないのにわりと軽率に「頑張れ」と言われるのが辛い日々の最中。更に最近遠方の(父と離婚した)母が緊急入院して「手術をしたいので同意書と立ち会いの為にこちらに来てくれ」と言われています。体調が悪くて行ける状態ではないのに何度も電話が鳴って同じことを繰り返され…これしかないと思う打開策を提案しても無視されてます。母は電話口で「助けて助けて」と泣くし(それはこっちの台詞ですよ)気持ちも体もしんどくてたまりません。友人達は結婚や出産の話ばかりで…どうにもたまらなくなってこちらにたどり着いた次第です。

病歴・治療歴

2017年09月:健診にて乳がんの疑い有→精密検査

2018年02月:乳がん右胸全摘出とリンパ腺切除(リンパ腺切除によるリンパ液排出が止まらず入院延長)

2018年04月:抗がん剤(ドセタキセル・シクロホスファミドTC)スタート→

2018年07月:抗がん剤治療終了

2018年07月:ホルモン剤アナストロゾール錠1mg「NK」(暫定1ヵ月)スタート

2018年ホルモン剤アナストロゾール錠1mg「NK」継続中(5年間予定)

【関連のエピソード】
転移がんで闘病の末危篤の叔父を在宅介護の最中に健診を受けたところ乳がんの疑い有との診断。一昨年の父死亡時に健診できなかったのでさすがに怖くなり周囲から「こんな時に行くのか?」と責められつつ健診に行ったら…しばらくたって叔父が亡くなり法要の前日に乳がんの告知。部分切除の予定がリンパ腺に近いので全摘に変更。開胸したらリンパ腺に転移していたのでリンパ腺も切除したらリンパ液排出が止まらずドレーンを外せないまま2週間経過。感染症の危険性からドレーンを外して退院するも胸にリンパ液が溜まるのを注射で抜くために4回通院。すぐにその後に抗がん剤スタート(日程的にかなりギリギリ)(3カ月4回予定)元々ひどい坐骨神経痛の持病があるのですが抗がん剤優先で神経ブロック注射を止めて神経痛系副作用に苦しみつつ3クール目終了。ラストの4クール目を終えたものの抗がん剤を打った翌日辺りから始まる足腰の激痛にベッドから動けない一週目。二週目には出血系の痛みが発生する模様だというのが3回打ってわかってきたのですが更に血管痛と毎晩の耳鳴りも加わりただひたすらありとあらゆる痛みに泣きながら耐えるしかない日々…正直しんどい。7月にホルモン剤治療に移行しましたが早くもホットフラッシュらしき副作用とメンタルを削られていて…不安でつらい毎日です。 (2018月9月追記)ホルモン剤の副作用が全身関節痛&血管痛→主に膝が痛い&体が動かしづらい症状に。利き手が痛い時は文字が書きづらい。たまにホットフラッシュ?乳腺外科主治医曰く「痛くても…まあ頑張ろう。うん!」坐骨神経痛の主治医曰く「ホルモン剤5年間ずっと全く同じ症状ではないから」だそうですが…痛いという事実にある程度慣れているが日常生活の行動を変えざるを得なくなります。範囲がとても狭まり人とも会わなくなります。(これもメンタル落ち込む要因の一つなのかも?)


治療を受けた病院

昭和大学病院(東京都品川区)

【関連のエピソード】
「婦人科系にとても強い」と(私の)地元でも有名な病院でした。もしかしたら?がんかも?という早期段階でかかりつけ総合病院からすぐに紹介状を書いていただき受診しました。行ってみると本当に大きな病院でした。女性専用入院棟(Drも看護士も清掃スタッフも全て女性!)へ入院しました。入院オリエンテーリングを行う等患者や家族や見舞い客に対してとても丁寧で、見舞いに来てくれた親戚が感動しきりでした。