TOPへ

アトラス

治療終了のメンバー

アトラス

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

この登録者の情報を閲覧するにはユーザ登録が必要です

会員登録する


【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(19531人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


大腸がん


病歴・治療歴

2013年07月:S状結腸癌、汎発性腹膜炎、閉塞性イレウスにて入院

2013年08月:開腹手術にてs状結腸切除、リンパ節郭清、腹膜癒着引きはがし

2013年09月:CT造影、血液検査  異常なし

2013年11月:CT造影、血液検査  異常なし

2014年02月:CT造影、血液検査  異常なし

2014年04月:CT造影、血液検査  異常なし

2014年07月:CT造影、血液検査  異常なし

2014年10月:下部消化管内視鏡 血液検査  異常なし

2015年01月:CT造影、血液検査  異常なし

2015年04月:血液検査  異常なし  主治医退職で代わる

2015年07月:CT造影、血液検査  異常なし

2015年10月:下部消化管内視鏡 血液検査  異常なし

2016年01月:CT造影、血液検査  異常なし

2016年04月:血液検査  異常なし

2016年07月:CT造影、血液検査  異常なし

2016年10月:下部消化管内視鏡 血液検査  ポリープ

2017年07月:CT造影、血液検査  肺に影 3か月後再検

2017年10月:CT造影、血液検査  異常なし

2018年01月:下部消化管内視鏡 血液検査  ポリープ

2018年03月:腸閉塞にて10日間入院

2018年07月:CT造影、血液検査  異常なし 経過観察終了

2018年08月:通院修了

2019年01月:同病院にて人間ドックのオプションの血液検査 異常なし

2019年12月:下部消化器官内視鏡 血液検査 異常なし

2021年10月:下部消化器官内視鏡 血液検査 異常なし

【関連のエピソード】
S状結腸癌の狭窄により大腸に穴が空き便が腹膜内に飛び散ったときは自宅で寝ていたときですが、すごく痛かったですが、感覚としては下痢で排便するときのような勢いの排出の感じでした。すぐに病院に行くべきでしたが、その後、無理に5日間会社に行ってましたが日増しに状態が悪化し、腸閉塞を起こし、病院に連れていってもらいそのまま即入院、癌告知、開腹手術と考える暇もなく進みました。手術を担当したのは病院の外科医名簿にも名を連ねていない研修医みたいな若い医者だったけど。。名医でしたね。感謝です。


会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する