TOPへ

AKO

治療終了のメンバー

AKO

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【自己紹介】

2015年10月にスキルス胃がんステージ4の宣告。治療しなかったら年内の命と。30年前、娘が小児がんステージ4から2年の闘病の末、生還しました。今は社会人として頑張っています。その時の気持ちを思えば自分のガンなんてへっちゃらです。って、ちょっと強がり‥

ユーザ登録で多くの方のプロフィールが閲覧できるようになります

新規登録する

胃がん

この病気のエピソード
8月から食べると嘔吐していましたが、医者は、夏バテと。私もそう思い込んでいました。体重が1週間に1キロずつ減っていき、10月に吐血、入院。幽門部のガンのため通過障害を起こしていたのでした。


胃がん


病歴・治療歴

2015年10月:吐血、入院。スキルス胃がんステージIV。肝臓、卵巣に転移あり。腹膜播種あり。

2015年10月:術前化学療法開始。ts-1とシスプラチン

2015年11月:化学療法1クールした所で通過障害改善し、退院。

2015年12月:2クール目終了

2016年01月:3クール目、開始。3クール終わった所でCTを撮り手術について検討。手術するしないに関わらず4クールやる事は決定。

2016年02月:まだ手術不可。4クール目、開始。

2016年03月:5クール目、開始。がん研有明にてセカンドオピニオンを受ける。腹膜播種さえなければ手術した方が良いとの事。

2016年04月:5月の連休明けに手術予定。5クール目、終了

2016年05月:23日に手術。胃を亜全摘、両卵巣、上行結腸一部摘出。腹水にガン細胞なし。肝臓に転移なし。腹膜播種は痕跡あるのみ。

2016年06月:術後化学療法開始。通算6クール目。TS1+シスプラチン。

2016年07月:7クール目開始。

2016年08月:7クール目終了。化学療法終了。

【関連のエピソード】
父母共に胃ガン経験あり。遺伝性も充分考えられるけど10年早いよ!


胃がん

この病気のエピソード
町医者を4箇所周り、触診もされたのに、胃がんを疑った医者は、ゼロでした。そんなもの?

患者さんとの関係

本人


リハビリ・復帰歴

2016年09月:復職

【関連のエピソード】
復職願いを出したら、休職の時の診断に照らして担当に驚愕されました。皆から不死身だ、と言われます^_^


治療を受けた病院

公立病院


病院に対する満足度

とても満足


スキルス胃がん



登録してください。登録されると、全員のプロフィールが閲覧できるようになります。

新規登録する