TOPへ

ふくちゃん

治療中のメンバー

ふくちゃん

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


【生まれた年】1955年

【都道府県】大阪府

【職業】無職

【自己紹介】

昨年6月頃から胸焼けや食欲不振があり胃腸内科を受診したところピロリ菌が原因と診断されました。その後いろいろな経緯を経て、一年後の今年5月、胃がんと診断され全摘手術をしました。

【ご登録時の状況】

胃全摘手術後1ヶ月。
一年間ts1服用

【思うこと、考えること】

まだ術後1ヶ月で、ひたすら混乱しています。根治手術成功と聞かされましたが、進行度はⅡb。予防の抗がん剤服用とも言われ落ち込んでいます。とにかく落ち込みが激しく、前向きになれない今の精神状態がとても辛いです。同じような思いをされ、それを乗り越えてこられた方々の経験談をぜひ聞かせていただき、励みにさせてもらいたいと思っています。

【その他】

[血液型] A

[星座] 牡羊座

[趣味・特技] 読書、コーラス

[既婚/未婚] 既婚

[好きな動物] 猫

[好きなスポーツ] ヨガ

[好きな色] ピンク

[好きな季節] 春

[好きな音楽ジャンル] 全て

[好きなブランド] なし

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


胃がん



胃がん


病歴・治療歴

2017年06月:胸焼けのため、近隣のクリニックで胃カメラ検査。慢性胃炎、ピロリ菌あり。慢性胃炎を治療後除菌の予定。不遜な態度の医師と上から目線の看護師事務員の態度で受診を止める

2017年11月:胸焼けひどく、かかりつけ内科でガスターテンん服用。少し楽になる。

2018年02月:胸焼けが酷くなり、ピロリ菌除のため、消化器内科を受診する、除菌する。

2018年03月:常に胃の不快感があり、食欲もドンドン失せるが、一割程除菌の副作用が出ることがあり、多分そうであろう。でも薬は出来るだけ除菌の確認するまでは飲まないでもらいたいとのことで、食欲がないまま5月連休を終える。

2018年05月:除菌は完了。しかし昨年六月に胃カメラを飲んで一年になるから、この機会に胃カメラしましょと軽いノリで胃カメラけんさをする。

2018年05月:胃カメラ検査後、ドクターが首を傾げる仕草をする。検査後、ちょっと怪しい所があるので検査に出しますとのこと。

2018年05月:夜間、ドクターから直接携帯に電話があり、ガンが見つかったと報告される。翌日、夫婦で詳しい結果を聞きに出向く。

2018年05月:詳しい検査の結果を聞く。ガンの出来た場所、形から全摘になる。どこの病院でも標準治療と決まっているので、通いやすい場所にある病院でいいと思うとのこと。真剣に寄り添って考えてくれるドクターを信じ、近隣の総合医療センターに決める。

2018年05月:総合医療センター受診。全く同じ説明を受ける。術前のいろいろ検査を受けるが全て異常なし。

2018年06月:胃全摘、リンパ切除。根治手術成功

2018年07月:病理検査ではどこにも転移がなかったが、がんの質が悪かったのと、漿膜までかかっていたということでⅡbのステージのため術後1ヵ月から補助薬1年間服用することとなる。

2018年07月:退院前の血液検査で白血球の数値が急上昇。少しの発熱はあったものの特に容態は変わらず。すぐにエコー検査をする。胆囊の壁が分厚くなっている?とかで5日間絶飲絶食、抗生剤点滴治療。特に痛かったわけでも、疲れたわけでもなく、ひたすら空腹に耐えた5日間だった。すぐに数値も下がり、予定より10日遅れて退院する。