TOPへ

guze

治療終了のメンバー

guze

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。(運営:NPO法人5years)

新規登録してログインすると、このかたの以下の情報を閲覧できます。

  • すべてのプロフィール情報
  • 近況の投稿(=ブログ)
  • 病歴・治療歴・復帰歴

ぜひ、新規登録をして、がん闘病に役立つ詳しい情報を閲覧ください。NPO法人が運営する無料のサービスです。

新規登録する


【自己紹介】

2017年4月中国にて駐在勤務中に舌癌発覚(ステージ2、リンパ転移なし)、5月に日本に一時帰国し、同年6月2日に手術(舌半分切除、腕の筋肉にて皮弁、リンパ郭清)、7月6日に退院
7月下旬に社会復帰、中国現地勤務に戻る
手術前にはそこそこ話せた中国語、手術後には発音できない音があり、今は通訳を使い、業務指示
一年経ちましたが(2018年7月現在)会話は9割方まで復帰、食事はうまく食べれる物、食べられない物、があり、ストレスを強く感じる。
現在二年経ちました(2019年7月現在)。勤務先の都合で日本帰国の機会がうまく取れず、現在半年に1回の経過観察となっています。
食事や会話のもどかしさは二年経っても大きく良化することはなく、仕方が無いかなと思ってます。
2020年追記:現在三年経ちました。大きな変化無く相変わらず中国にて勤務しております。コロナウイルス問題で日本に行くことできず経過観察診療が受けられず少し不安はあります。初対面の方でも私の会話に違和感を覚える事無いくらいになっており、約半分切除した割には良い状態のようです。

※一部の情報だけ表示しています。(運営:NPO法人5years)

新規登録してログインすると、このかたの以下の情報を閲覧できます。

  • すべてのプロフィール情報
  • 近況の投稿(=ブログ)
  • 病歴・治療歴・復帰歴

ぜひ、新規登録をして、がん闘病に役立つ詳しい情報を閲覧ください。NPO法人が運営する無料のサービスです。

新規登録する


舌がん


治療を受けた病院

東京慈恵会医科大学柏病院

【関連のエピソード】
今は国立ガンセンターに異動されてしまいましたが、当時の担当医が非常に優しく丁寧な応対をしてくださり、安心してお任せすることができました。


治療を受けた病院

東京慈恵会医科大学柏病院

【関連のエピソード】
今は国立ガンセンターに異動されてしまいましたが、当時の担当医が非常に優しく丁寧な応対をしてくださり、安心してお任せすることができました。


病院に対する満足度

とても満足

【関連のエピソード】
隠しも無く、ガンであることを即告知、これから始まる検査・手術・治療・身体に現れる現象・後遺症・予後などを事細かく冷静に説明してくださり、非常に安心感をもって治療できました。


舌がん

この病気のエピソード
勤務先の中国にて発覚、即日本に帰国し、正確な診断、手術を受けました。舌に異常を感じ中国の病院で診てもらった時は、ここでは治せない、すぐに日本に帰りなさい、と言われ、大慌てで日本帰国しました(正しく会社には説明して、承認してもらいました)