TOPへ

Dimo

治療中のメンバー

Dimo

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


【自己紹介】

フランスに長期滞在(35年以上)しております。昨年末の定期血液検査でPSAが基準値を超えていることが判り泌尿器の専門医に検査してもらったところ前立腺癌(スコア3+3)であることが判明しました。医者は即手術を勧めましたが引越しを予定していたので少し猶予をお願いしました。それでは3箇月毎にPSAを計りましょうと言う事で一時手術は延期してもらいました。その後前立腺癌や癌一般のことをインターネット等で勉強しそれでは免疫療法をこの間やってみようと決心した次第です。癌の繁殖は比較的低温で活発になること(免疫力が低下しているので)。逆に体温が1度上がるごとに免疫力は倍増すると分りました。昔仕事をしていた頃、翌日大切な会議があり前の晩に風をひいて熱が出たのですがどうしても直したかったので体温を自力で上げてたっぷり汗をかいたら翌日はすがすがしい朝を迎えることが出来たことを思い出しました。自力で体温を上げる方法は独自のものです。猫がテーブルに寝そべっている時テーブルを強く叩くと猫が驚いて飛び上がる様子を見てこれだと思いました。すなわちベットの上で全身の筋肉を急激に緊縮させるとベットから体が少し飛び上がりその筋肉の緊縮熱で体温が上がるのです(約1,5度)。ですから熱めの風呂に入り体温を1度上げた後ベットで30回跳ね上がることで体温は2,5度上がります。これは免疫力を約3倍以上にする効果があります。同時に肛門とペニスに力を入れると前立腺をマッサージする効果があります。この療法を3箇月続け再び医者に検査してもらったら癌が完全になくなっていると言われました。もしこの体験に興味がおありでしたらメールください。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


前立腺がん