TOPへ

ちそん

治療終了のメンバー

ちそん

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


【年代】50代

【都道府県】愛知県

【職業】介護福祉士

【自己紹介】

中咽頭がん リンパ節転移です。
いろんな検査が進むうち、だんだんは わかっていましたが9月になり はっきりと告知を受けました。まだ、これから胃カメラの検査もあります。
娘が3人いますが、今日やっと 娘の1人には 病気の事を うちあけることが出来ました。が、来年早々 初めての出産を迎える下の娘には まだ 言えていません。(2018.9月)

その後、10月11月と抗がん剤と放射線の入院治療を経て、退院後、娘のお腹の赤ちゃんも しっかり大きくなった頃 様子を見て、病気のこと、話しました。もちろん、とても驚いていました。が、しっかりと受け止めてくれました。
2019.2月 予定日より少し遅れましたが、無事に出産となりました。

【ご登録時の状況】

2018・8月 左顎下の腫れで 地元の病院を初めての受診。検査の結果、がんの疑い。ここでは治療出来ないから 希望の病院を紹介すると言われる。
9月 がんセンター受診 CT MRI 等々検査し、中咽頭がん、リンパ節複数転移有と診断される。
左顎下に 違和感を感じたのは 春頃であったため 治療が始まる頃には 左顎下の腫れは だいぶ大きく耳のつけ根近くまであり 指を あてると人差し指程の長さが ありました。

【思うこと、考えること】

これから始まる治療に不安でいっぱいです。治療の選択の話を受けました。元のようには戻らないとしても 失うものを最小限にしたいと願いながら、どう選択していけばいいのか、何も わかりません。抗がん剤と放射線治療と一緒に行うということでしたが、治療経験者の中には 最初に 抗がん剤投与が始まったという方もおられて。何故同じような病状でも 違うのか?リンパ節転移も 大きいため 抗がん剤放射線後の経過で 手術も あり得るということでした。(2018.9月)

その後 抗がん剤と放射線の治療で2ヶ月間の入院でした。
治療後の検査で 抗がん剤と放射線の治療で消えきらなかった腫瘍の残りがあり、 最初に言われた通り手術もすることになりました。
2019・2月 左頚部郭清術施行。検査の結果、摘出した リンパの腫瘍の残りの中に がん細胞は なかったそうです。
術後、首の ひきつり感、食べ物の 飲み込みにくさ、むせ等々ありますが 手術して 良かったと思っています。
2019・4月末~ 7ヶ月振りに 仕事復帰しました。今後は 月一回の診察と定期的な検査等の 経過観察となります。

【その他】

[血液型] AB

[星座] かに

[趣味・特技] 絵を描くこと ・ 散歩 ・旅行

[好きな動物] ねこ

[好きな食べ物] 海鮮もの

[好きなスポーツ] 水泳

[好きな季節] 春 秋

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


中咽頭がん


患者さんとの関係

本人


病歴・治療歴

2018年08月:左顎下の腫れで地元の病院を受診する。 生検・造影剤CT等で癌の疑い 。 8月末 PETCTに複数の反応あり。 この時大腸にもPETCTに大きく反応あり。

2018年09月:5日、がんセンターを紹介してもらい受診する。その後 、生検・大腸内視鏡・MRI等受ける 。 大腸内視鏡の検査は異常見られず。 検査の結果、 左扁桃原発中咽頭がん・リンパ節複数転移有り・ステージⅣb、浸潤型

2018年09月:30日、 突然 患部より多量出血し、急きょ入院となる。

2018年10月:抗がん剤3クール、放射線35回70Gyの治療開始。

2018年11月: 約2ヶ月の治療を経て退院。その後自宅療養。

2019年01月:MRI検査。左顎下にリンパ節の腫瘍の残りらしいもの有り。 生検をするが、放射線をあてた所が 固くなっていて針が刺さらず、 生検出来ず。

2019年02月:左頚部郭清術で 約2週間の入院。検査の結果、摘出したリンパの残りから がん細胞は検出されず。

2019年04月:自宅療養後、仕事復帰。今後は経過観察となり、月1回の診察と定期的なMRI撮影(造影剤アレルギーのためCTでなくMRI)

【関連のエピソード】
家から病院までは遠く電車で片道3時間半、車で高速を使って1時間半程かかります。 1度目の抗がん剤と2度目の抗がん剤の間、少し体が動けるようになると、病棟での担当医は外泊を進めてくれました。 遠いからと迷っていると先生は 「これから治療がどんどん辛くなるから、中には辛くて最後まで続けられない人もいるから、家へ帰って自分の帰る場所を確めて来るといい。必ず治療をやり遂げて自分はここへ戻って来るんだと、確認してくるためにも家へ行っておいで」と言ってくれました。 治療が進むにつれ、必ず家へ帰る、というこの言葉が大きな支えになりました。 入院中、ほとんど毎日病室に顔を出してくれた担当医、感謝しています。


リハビリ・復帰歴

2019年04月:職場復帰


中咽頭がん



中咽頭がん