TOPへ

並木貞彦

治療終了のメンバー

並木貞彦

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(16686人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


【生年月日】1970年09月17日

【都道府県】千葉県

【職業】NWエンジニア

【自己紹介】

私が胃がんと診断され手術をしたのは、1994年です。
治療は手術のみ(胃・胆嚢・脾臓全摘出、膵臓・横行結腸一部摘出)、経過観察5年で終了しましたが、看護師の知り合いからそれが非常に稀な幸運な事だと言われました。

【ご登録時の状況】

病気の事は親しい知人にしか話しておらず、半分忘れていましたが、去年友人を癌で亡くし心に引っかりを覚えるようになりました。
治療後のデータが少ないことをこのサイトで知り、自分の経験が少しでも他の人の役に立つ事を願い公開をすることにしました。

20歳の時には既に飲酒翌日等に胃の痛みを感じており、病院でもらった胃腸薬を服用していましたが、24歳の時処方された新しい薬が効かなかったため、精密検査を勧められました。
今ある後遺症は糖尿病、たまに貧血を発症して鉄剤を飲んだり、食事の際に物が吻合部につかえる、就寝時の腸液の逆流があります。

【思うこと、考えること】

手術を受けた時にこれから自分に起こる事を覚悟しました。
人の命が有限である以上、全ての医療は延命です。
人生が今日で終わりだとしたら、今日は何をするか?
今日やらなくても良い事は明日にして、今日やりたいことやらなくては後悔する事をして下さい。
失った物より今ある物に目を向けて下さい。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(16686人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


スキルス胃がん


患者さんとの関係

本人


病歴・治療歴

1994年06月:手術


治療を受けた病院

癌研究会付属病院


病院に対する満足度

とても満足

【関連のエピソード】
手術前に主治医から、傷口に管があるかもしれないけど、驚かないでねと言われました。 もしあったら今はここにいなかったでしょう。 皆、開いてみるまで詳しい状況は分からないみたいです。 私の手術をして下さった方は既に退職されています。


会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する