TOPへ

みっち

家族のメンバー

みっち

家族のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


【生まれた年】1964年

【都道府県】埼玉県

【職業】パート

【自己紹介】

同い年の夫が大腸がん(S状結腸がん)で、2018年3月に腹腔鏡手術で25㎝切除しました。ステージⅢbでした。
痔だと思い、出血があったのに2年位病院にも行きませんでした。もっと早く検査を受けていたら…と悔やまれてなりません。

私はがん家系で、父、母方の祖母、父方の祖父、母の姉・弟が大腸がん、母の妹が乳がんです。

【ご登録時の状況】

術後1年、そろそろ仕事復帰を考えていたところで再発がわかりました。

【思うこと、考えること】

がん家系だからがんになるとしたら私だと思っていました。夫にもちゃんとがん検診を受けさせるべきでした。
夫が寄りかかれるくらい私も強くなりたい。

【その他】

[血液型] B型

[星座] さそり座

[趣味・特技] ライブ

[既婚/未婚] 既婚 20代の娘と息子、高校生の息子がいます。

[長所] 声が大きい(笑)

[好きな動物] 犬

[好きな食べ物] チョコレート

[好きなスポーツ] バスケット(観ること)

[好きな音楽ジャンル] 80年代の曲

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


大腸がん

この病気のエピソード
「いつ頃から出血がありましたか?」と医師に聞かれ、「2年位前ですかね」と夫は答えたそう。 「ガンなら今頃亡くなってますよ」と言われたそうだが、翌週の内視鏡検査で15㎝しかカメラが入らず、すぐにがんセンターの予約を取り受診するよう紹介状を渡された。

病歴・治療歴

2018年01月:下血が続き、これはおかしいととりあえずかかりつけの内科へ。「腸炎でも出血するので薬で様子をみる」と言われた。

2018年02月:内視鏡検査をしてくれる別の病院を受診。内視鏡が少ししか入らず、ガンとの診断。その場でがんセンターの予約をとり、紹介状を渡された。

2018年03月:がんセンターでS状結腸がんと診断され、4月に手術することに決まった。しかし、体調が悪くなり、腸閉塞を疑い受診。腸閉塞ではなかったが腸の状態が良くないので、予定より早く入院し、3月27日腹腔鏡手術により、S状結腸及びリンパ節4ヵ所(約25㎝)切除。

2018年04月:退院。直腸がんではないのに排便障害があり、紙おむつを使うこともあった。

2018年05月:標準治療として抗がん剤治療をすすめられるが、手足のしびれが残るのは困ることと、抗がん剤治療をしたのに再発した場合は耐えられないということで、抗がん剤治療はしないと決断。毎月の検査はきちんと受ける。

2019年03月:明日で手術からちょうど1年という診察日、腫瘍マーカーとCTの結果、再発を告げられた。今までの検査では問題なく、4月から仕事復帰しようとしていたところだったのでショックだった。

2019年04月:PET検査は末っ子の高校入学式と重なり、夫一人でがんセンターへ。11日 検査の結果、リンパに多数のがん細胞が確認された。手術はできず、抗がん剤治療をしなければ余命半年、抗がん剤治療をしても余命30ヵ月と宣告される。29日 仕事復帰。

2019年05月:10日 抗がん剤治療の為、入院。CVポート留置手術。13日 アービタックス+FOLFIRI開始。17日 抜糸、退院。下痢を心配していたが、便秘になった。味覚障害少しあり。19日夜 顔・背中・胸にニキビのような発疹、下痢。21日 口の中に違和感、話しにくい。

2019年05月:22日 アービタックス2回目。顔と背中の発疹が増えた。夜、下痢。

2019年05月:29日 白血球減少のため、抗がん剤治療延期

2019年06月:2日 抜け毛が急に増えた。5日 白血球が基準値内に戻ったので、アービタックス+FOLFIRI 2コース目実施。吐き気、倦怠感あり。

2019年06月:19日 アービタックス+FOLFIRI 3コース目。吐き気・爪囲炎がひどい。

2019年06月:26日 アービタックス 6回目。下痢がひどく、薬を飲んでも効かない。3日目にやっと落ち着いた。29日 口角炎、舌が黒くなった!

2019年07月:3日 腫瘍マーカーの値は下がってきた。白血球が少し減少していたが、予定通りアービタックス+FOLFIRI4コース目投与。だんだん副作用がひどくなってきた。下痢、嘔吐、味覚障害、爪囲炎、発疹、倦怠感。

2019年07月:8日 造影CT。10日 CTの結果、肺とリンパ節のがんが小さくなっていた。爪囲炎がひどいのでアービタックス中止。アービタックスは7回で終了。

2019年07月:17日 白血球減少の為、抗がん剤治療延期。2週間休薬しているが、爪囲炎・発疹ともに少しも良くならず。階段の昇り降りで息切れ。

2019年07月:24日 FOLFIRI 5コース目。前日は味覚が少し戻っていたが、すぐに味覚障害。倦怠感もひどく、はぁはぁ言いながら動いている。爪囲炎は相変わらず、皮膚障害は少しだけ色が薄くなったかも。

2019年08月:7日 白血球・赤血球・血小板等減少の為、6コース目スキップ 。