TOPへ

はる1994

治療中のメンバー

はる1994

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


【生年月日】1994年12月21日

【都道府県】和歌山県

【職業】診療放射線技師

【自己紹介】

2019年10月25日、上咽頭癌ステージⅣの診断を受けました。

【ご登録時の状況】

治療中

【思うこと、考えること】

検査を終えてステージⅣaの診断をいただきました。
治療は導入ありの化学放射線治療で4ヶ月の予定になります。

【がんの発見】
一年ほど難聴が続き町医者(耳鼻咽喉科)に三軒通いました。
耳垢の溜まり→メニエール病→慢性中耳炎と言われおりました。
三軒目の病院に2ヶ月ほど通った時に自ら提案したMRIで偶然喉に写った腫瘍が発覚。
その後生検で上咽頭癌、造影CTでリンパ節転移ありと診断されました。

今言えることは一つ、医師も人間でありミス(誤診)をすると言うことです。
恥ずかしながら医療従事者でありながら医師の言うことを鵜呑みにして姑息な治療を一年も続け発見を遅らせました。
患者は「自分の主治医は自分」と心得るべきです。

【その他】

[趣味・特技] 写真、バイク、登山

[既婚/未婚] 未婚

[ブログ] https://garnet1994.hatenablog.com/

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


咽頭がん

この病気のエピソード
難聴で1年ほど町医者(耳鼻咽喉科)にかかりました。疲労が原因のメニエールと言われていましたが、あまりに治りが遅いので三軒目の町医者で「MRIを撮影しませんか」と提案し紹介された大きな病院の神経内科を受診。そこで撮影したMRIで偶然喉の腫瘍が見つかりました。別の大病院の耳鼻咽喉科に紹介され「多分大丈夫だけど」と行った生検で上咽頭癌の診断。結局耳の難聴は上咽頭癌が耳菅を通り炎症を起こしていることが原因でした。現在はがん専門病院で検査を終え導入化学両方(薬単独→薬と放射線治療)を行っています。

治療を受けた病院

国立がん研究センター東病院