TOPへ

愛猫

治療終了のメンバー

愛猫

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


【年代】40代

【職業】会社員

【自己紹介】

49歳の既婚、子どもは1人、仕事もしています。

【ご登録時の状況】

49歳。2019年5月末から出血が止まらず、検査の結果、子宮内膜増殖症(異型)そして、掻爬検査の結果、子宮体がん!

【思うこと、考えること】

初期の子宮内膜癌1Aで腹腔鏡下で子宮・卵巣を全摘、追加治療なしと言われた2カ月後に
手術の時の腹腔内洗浄液?とやらで、なんだか陽性反応が出て
抗がん剤治療3クールを勧められ、これからを元気で生きるためにした方がいい治療なのか、それとも様子を見ていた方がいいのか、まだ決めかねています。
なんで、もっと早く言ってくれないんだろう?本当だったら12月10日が受診日だったので、出血しなかったら、術後3か月のそこまで知らずにいたのかな?
2019年12月~3回抗がん剤TC療法をすることに決めました。

【その他】

[血液型] A

[星座] てんびん座

[既婚/未婚] 既婚

[好きな動物] 猫

[ブログ] https://blog.goo.ne.jp/lovely_cat

※一部の情報だけ表示しています。
登録してログインするとこの方の全てのプロフィール、近況などの書き込みが閲覧できます。

新規登録する


子宮体がん(子宮内膜がん)

この病気のエピソード
出血が止まらないため、婦人科を受診。子宮体癌の検査で「異常なし」でしたが、止血していなかったため、組織診の結果ひっかかり、その後子宮内膜癌と診断される。

患者さんとの関係

本人


病歴・治療歴

2019年06月:6月中旬 個人婦人科にて子宮体癌検査「異常なし」

2019年06月:6月下旬 同婦人科にて、念のための組織診で「classⅢ以上だと推定」大きな病院への紹介状

2019年07月:大きな病院での検査

2019年07月:子宮内膜掻爬術のため検査入院

2019年07月:7月下旬 検査の結果 子宮内膜癌と診断

2019年08月:検査のため、PET CT検査を受け、転移などの有無を検査(転移なし)

2019年09月:腹腔鏡下子宮全摘、両側付属器摘出、骨盤内リンパ節郭清 にての手術

2019年09月:病理の結果 ステージ1Aグレード1 低リスクと診断されました。 

2019年11月:術後2か月もたってから、手術の際の腹腔洗浄の結果が「陽性」と診断の告知を受け 抗がん剤治療を薦められる。今後の方向を悩み中

2019年12月:TC療法開始(予定では3回)12/17~

2020年01月:2回目1/14~ 7日の予定でしたが、入院も外来も空いてないことが判明で1週間延期

2020年02月:3日目 2/4~ 予定では最後のケモです。

2020年02月:25日 造影CT 血液検査にて 経過観察で次回受診は3か月後

【関連のエピソード】
「念のため」という言葉で何か検査をすると、思いもよならない結果で返ってきます。