TOPへ

うさこ

家族のメンバー

うさこ

家族のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【自己紹介】

60代主婦です。2015年夏、主人に大腸がん(肝臓に転移していてⅣ期確定)が見つかり、10月に大腸の手術、肝臓に転移していたので、現在、抗がん剤治療中です。

ユーザ登録で多くの方のプロフィールが閲覧できるようになります

新規登録する

大腸がん


患者さんとの関係

配偶者


病歴・治療歴

2015年08月:5月人間ドックの便潜血検査で2検体のうち1検体が陽性、7月内視鏡検査で大き目のポリープが見つかるが、内視鏡手術で取るとのこと、8月内視鏡手術中に方針変更で、切除中止、その後の諸検査で肝臓に転移していてⅣ期とのこと

2015年10月:開腹手術で大腸がんを切除、胆嚢切除および肝動注のためのポート設置手術

2015年11月:抗がん剤治療開始。XELOX療法(オキサリプラチン点滴【3週に 1回】+ゼローダ【2週飲んで1週休薬】)+肝動注(5-Fu l-LVをポートより 7日投与) 

2016年02月:5クール目の途中で、肝動注中止。ゼローダ4日間のみで休薬

2016年03月:XELOX療法+アバスチンで、抗がん剤再開。当面、肝臓の手術はなしとのこと

2016年08月:腫瘍マーカの増加とCT画像から肺転移の疑い。抗がん剤の変更を示唆される

2016年10月:9月末、左胸にポートを埋め込み、IRIS療法+アバスチン始める。(イリノテカンとアバスチンは2週毎、TS1は2週飲んで、2週休みの4週サイクルの治療)

2017年02月:免疫療法 始める

2017年02月:抗がん剤、FOLFIRI+サイラムザ(ラムシルマブ)に変更。骨シンチの結果、転移なし

【関連のエピソード】
これという自覚症状は特になかったので、青天の霹靂でした。しかも、どんどん診断が厳しくなり、びっくりしました。


登録してください。登録されると、全員のプロフィールが閲覧できるようになります。

新規登録する