TOPへ

すのーどろっぷ

治療終了のメンバー

すのーどろっぷ

治療終了のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(13529人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


【生まれた年】1973年

【都道府県】福岡県

【職業】看護師

【自己紹介】

R2年3月31日に子宮体がん(類内膜癌 G1 1a)診断を受けました。
5月20日入院 5月22日に手術終了しました。(腹腔鏡下子宮全摘術+両側付属器摘出術+骨盤リンパネル生検)ロボット手術ダヴィンチ使用。5月27日退院。

病理診断の最終結果は類内膜癌 G1 1a
追加治療無し。
3ヶ月おきの受診で良いとのこと。

【ご登録時の状況】

子宮体がんと診断され精密結果を受けている所です。悪性度は低かったですが、まだ何も分かりません。

【思うこと、考えること】

周りに癌サバイバーの方がいて。
早期発見の大切さを理解しているつもりでしたが、自分がその立場になると何も出来ないモノですね。
この経験が、今後の仕事に生きるかもと思い少しずつ学んでいます。

【その他】

[血液型] AB

[星座] 獅子座

[趣味・特技] 読書

[既婚/未婚] 未婚

[長所] マイペース

[好きな動物] 猫

[好きな食べ物] 鶏肉、甘いもの

[好きな色] 青

[好きな季節] 夏

[好きな音楽ジャンル] 杏里、山崎まさよし、平井堅

[好きなブランド] 無印、サニークラウズ

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(13529人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


子宮体がん(子宮内膜がん)


治療を受けた病院

九州大学病院

【関連のエピソード】
治療の途中で主治医が変わったせいか、少し戸惑った部分はあった。 ただ、それでもきちんと真摯に向き合い対応してくださった事には感謝です。 一番のネックは家庭の事情で保証人等で大変だったこと。 もう少し柔軟に対応出来たら、こちらとしては助かったと思う。


病院に対する満足度

満足

【関連のエピソード】
基本的に医師や看護師の対応は良く、 食事も美味しかった。


子宮体がん(子宮内膜がん)

この病気のエピソード
R1年秋ごろから、月経が2ヶ月毎になりました。月経周期も以前よりも長くなりました。閉経が近づいて来てるからと思っておりました。 もともと、仕事柄ストレスも多くて、過多月経でした。1月の中旬に来た月経の経血が尋常ではなく、月経終了後に婦人科に行くことにしました。 月経終了後に産婦人科に行き、当初は破綻出血を示唆されました。 ただ、すべて検査をしなくては確定診断は出来ない為、子宮体がんの組織検査を2月26日にして、その結果次第で治療方針を決める予定でした。 3月3、4日に産婦人科から電話が入ってきました。3日は、仕事中で取れなかったのですが。4日に取った際に言われた言葉は、「紹介が必要な状態です。」でした。 皮肉な話、その言葉で気付いてしまいました。癌だったか、と。 3月5日に産婦人科に行き、診断を受けました。(類内膜癌 G1) 今の状況なら、手術成績のよい病院を紹介しますと言うことで自宅近くの大学病院を紹介されました。 3月19日に初診で大学病院受診。 確定診断の為にいくつか検査を受けました。但し、気管支喘息持ちなので造影剤は使えず、単純撮影のみです。 MRIは、他の病院で撮ることに。 3月25日 腹部CT終了 3月31日 最終診断は、子宮体がん(類内膜癌 1a G1) 5月20日入院、5月22日手術終了。 腹腔鏡下子宮全摘術+両側付属器摘出術+骨盤リンパネル生検)ロボット手術ダヴィンチ使用。現在、センチネルリンパ節には転移無しとのことですが。 子宮自体もさほど肥大はなく(友人曰くL玉の卵くらい)会陰切開すること無く、出血も80ml程度。 脂肪が多くて器具が入りにくかったこと、 硬膜外麻酔のチューブが入りにくかった以外はすごく順調だったそうです。 6月24日最終結果は、類内膜癌 G1 1a追加治療なし。 今後は3ヶ月ごとの定期検診になりました。

患者さんとの関係

本人


会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する