TOPへ

yumiko.yama

治療中のメンバー

yumiko.yama

治療中のメンバー

※青色が選択中の内容です。グレーのエリアをクリックすると内容が切り替わります。

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(14539人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


【年代】50代

【都道府県】宮城県

【自己紹介】

身体を動かすことが大好きで、仕事も家庭と両立しながら頑張っていました。
あまりにも突然の出来事で気持ちが追いついていきませんでした。

【ご登録時の状況】

2017年大腸がんが見つかる。stageⅡb。手術前日に腸閉塞になり即日切除術施。
   人工肛門増設。以後2018年1月まで2回腸閉塞を発症。
   急激なるい瘦にてSMA症候群発症。入院治療。
2018年2月人工肛門閉鎖。
2020年1月肺転移。切除術。これから術後の化学療法へ。
2020年4月~10月 ゼロックス療法
2020年11月 経過観察中

【思うこと、考えること】

どうして癌になってしまったのかなーとか、子ども達どう思っているのかなとか、化学療法の副作用って辛いのかな等、その場その場で起こることしか今は考えられません。

【その他】

[趣味・特技] 登山

[既婚/未婚] 既婚

[好きな食べ物] スゥイーツ

[好きなスポーツ] なんでも!

[好きな色] 青

[好きな季節] 夏

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

登録すると全員(14539人)の以下の情報を見られます。

  • プロフィール情報
  • 近況ブログ
  • 受けた治療

みんなの広場」で登録者とコミュニケーションを取ることもできます。

会員登録する


大腸がん



大腸がん (腸閉塞2回、肺転移)

この病気のエピソード
2017年4月夜になると熱が上がり朝になると下がると言う状態が続きました。そのうち腹痛が出てきて近医受診。 すぐ大きな病院に行きなさい、と紹介状を持たされる。 翌日受診するも最初は大腸憩室炎として入院。炎症が落ち着いた翌5月、内視鏡にて大腸がんがわかる。手術を待っている間に前日に腸閉塞になってしまう。。 2017年7月結腸切除、一時的なストーマ造設。腸壁を破っていたため腹膜播種の可能性を話されるが、結局はどこにも転移は肉眼では見られなかった。 8月術後補助化学療法UFT/ユーゼル開始なるも2回の腸閉塞と白血球低下にて中止。結局6ヵ月のうちまともに内服できたのは2ヵ月ほど。 その後は様子観察の定期受診。 2020年1月肺転移。しかし、2019年6月の時点で転移していたが見落とし。 病院を転院して肺の手術。 4月21日からXELOX療法開始。

病歴・治療歴

2020年04月:ZELOX療法開始

2020年10月:ZELOX療法終了

【関連のエピソード】
ゼロックス療法の副作用がとても辛いです。 緩和医療外来受診し、副作用対策しました。かなり効果があり、職場復帰し治療を受けることができました。


会員登録(無料)すると確認できるようになります。

会員登録する