TOPへ

「患者家族」に関する相談一覧 (160件)

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

【会員登録者】

  • がん患者(17,343人)に向けて相談・質問できます。
  • 質問・相談(160件)の回答コメントを見られます。
    例)副作用・後遺症・不安・治療経過・受けた治療・近況ブログ

5years事務局
質問日時:2022-01-11 22:52:01

<現在は治療をしていないお母様のことを心配する患者家族のかたからです。ご経験者のかたはコメントをお願い致します>

はじめまして
母が膠原病と腹膜癌を併発している娘です。

母は今年54歳です。
2015年にに膠原病が見つかり、2016年ににステージ3c の腹膜癌が見つかりました。
卵巣にも転移していたため、卵巣と子宮を摘出し、その後は抗がん剤治療を2021年夏まで続けていました。2021年の8月ごろ、コロナのワクチンを摂取するため、少しの間がんの治療をやめていたところ突然発熱し、1ヶ月間ほど入院しました。

9月中旬に熱も下がり退院しましたが入院していたこともあり足腰が弱り体力も落ちてしまいました。
主治医からは残っている抗がん剤は間質性肺炎の副作用が出る可能性があるため積極的に推奨はしないし、体力が一定の基準を下回ると治療はできないと。

治療は一旦ストップし、在宅で医療を受けて過ごしてみてはどうか。と言われ、現在治療はせず自宅で過ごしています。
治療していないので現在のところ回復はしていませんが、急激に悪くなることも見られません。
ただ、腹水と胸水がたまるようになったため、2,3週間に一度病院に腹水を抜きに行っています。

病院からは緩和ケアセンター(治療はせず痛みの緩和をする場所)の入所を勧められており、一旦申し込みはしたものの、センターに入った場合、腹水を抜くといった治療はできなくなると言われました。

母も最初はセンターには行きたくないと言っていましたが、痛みなどが強い時は行きたいと言うことがあります。
正直母はセンターに行くべきか、本当に行きたいのかわかりません。
(病院の先生は母が行きたがってると言うのですが、家ではあまりそのようなことは言わないですし、人に迷惑をかけたくないという気持ちが人一倍強い人なので。あと、一度センターへの入所を断ると順番が回ってこなくなると母が看護師から聞いたみたいでそこを母は気にしています。)

そもそも本当に他の治療方法がないのかも良くわかっていません。
あれが食べたい。など意思もしっかりあり、調子の良い時は一緒にネットでかわいいものを見たり近くのスーパーに行ったりしています。

ただ本人ももう自分は長くないと死に支度をしています。
私は母にはもっと生きてほしいということが上手く伝わってない気がしますし、私は今の現状(緩和ケアに行くなど)に納得できていないと思います。

母と似たような状況を経験したかたいらしたら、体験を教えてください。
その後の経過など教えて頂けると嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。

   回答とコメントを見る  0 件

5years事務局
質問日時:2021-08-09 10:31:57
最終コメント日時:2022-01-09 11:18:29

<下咽頭がん患者家族のかたからで、放射線治療にかかるご質問です。ご経験者のかたはコメントをお願い致します>

こんにちは。
下咽頭癌の声帯全摘出の手術後の放射線治療についてご相談です。

家族(69歳)が今年下咽頭癌IVとなり、放射線治療+抗がん剤治療または、声帯摘出の手術の選択をすることになりました。
本人は、声を失うことに抵抗があり、放射線治療+抗がん剤がいいと考えていましたが、状況的に先生からは手術で取り切れる可能性もあるから手術したほうがいいと言われました。セカンド・オピニオンの先生や家族含めて話し合い、手術で取り切れる可能性がある、まだ手術できる状況であれば手術した方がいいのでは!?となり、手術を決めました。

手術は無事成功し、ガンも残っていないと言われました。
しかし、部位的にミクロで癌細胞がある可能性はあり、再発リスクを低くするためにも、放射線治療+抗がん剤を勧められました。
こちらは、手術か治療かの治療とは異なり、術後すぐ後から行うミクロのものまで徹底的に取り切ることが目的のようです。

本人は声帯摘出後も生活や気管孔の管理などが大変と感じているなか、また治療も加わることに抵抗はありましたが、放射線治療のみ33回予定でスタートし、現在15回くらい終えたところです。

ただ、副作用も出始め(味覚、喉の締め付けにより苦しい、嘔吐など)、また手術から1ヶ月くらいしかたっていないので、首の痛みや飲み込みの悪さか食事が取りにくいなどもあります。
そこで、これ以上放射線治療を続けるのは厳しいと感じていますが、先生からは途中でやめると効果は0だと言われたそうです。(効果は0か100しかないと、、、)

このようなご経験、また近しいご経験などある方がいらっしゃいましたら、ご意見・アドバイスなどいただけましたら幸いです。
宜しくお願いします。

   回答とコメントを見る  7 件

5years事務局
質問日時:2021-11-17 08:36:55
最終コメント日時:2021-12-23 22:57:20

<卵巣がんの母親を持つ患者家族のかたからです。ご経験者のかたはコメントをお願い致します>

こんにちは。
76歳母のことで、質問させていただきます。

2020年1月に卵巣ガンステージ3cの診断を受けました。その後、6回術前抗がん治療を行い、手術後はまた3回抗がん治療をしています。

2020年10月に寛解となったあとは、維持療法のため、アバスチンに切り替えて治療したところ、2021年6月に再発。

腫瘍マーカーは基準値内であったにもかかわらず、CTでごく小さいガンを認識され、PET検査で再発確定となりました。

2021年10月までに4回の再発後の抗がん治療(tc療法)を終えて、本日、CT検査の結果がでました。
再発時にあった極小がんはわずかに小さくなったものの、まだ寛解とは言えず、追加で抗がん治療をあと2回やることになりました。
その後、またCT検査をした後は、ゼジューラで維持療法の予定です。

再発時の極小がんをあと2回の抗がん治療で、完全にゼロにすることがもしできなかった場合、どうなるのか。
不安は尽きません。
 
同様のケースなどご経験された方がいらっしゃれば、ご体験のお話を伺えたら、とても有難いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

   回答とコメントを見る  5 件

5years事務局
質問日時:2020-09-13 10:30:52
最終コメント日時:2021-12-10 10:57:57

<主治医とのコミュニケーションで悩まれている患者家族のかたからです。配慮ある優しいコメントをお願い致します>

はじめまして。
夫が直接ガン肺転移のステージ4です。

閉塞しかけていたので、緊急手術にて摘出。運良く人口肛門は免れました。
リンパ1個転移有り。術前のCTにて肺に1センチ〜数ミリの丸い影が左右4個見られるとの事で転移の疑いありでステージ4と診断されています。

これから抗がん剤治療です。

腫瘍内科でMRIとPETを受けて抗がん剤を決める事になり、先日、初診を受けました。
二十代と見られるとても若い先生でした。

開口1番「厳しい事言いますが、ステージ4なので治癒はありません。」
夫婦ともどもあっけに取られて、「ああ、もうその影は転移なんですか?」と聞くので精一杯でした。
回答は「そうです」

そして、「これからは長くいかに緩和していくかの為の治療です」とかなんとか、さんざん私もネットで調べ尽くした話が出てきて、あげくに「じゃあ余命言いましょうかね」です。本当に驚きました。

別に優しくしてくれとは言いません。今までも消化器内科の先生も外科の先生も率直な意見を言ってくださる方ばかりだったので。

ただ、どんな病気も人それぞれ、気持ちそれぞれ、一定の距離は保ちつつのコミュニケーションだと思っていたので本当にショックでした。
まだMRIもPETもこれからなのに。

主人はもう絶句状態だったので、
「それでなくてもネット等で情報過多になってる状況なので、今は数字に引っ張られたく無いので結構です」と言いました。
それでも何故か言いたそうにしているのが怖かったです。「まあ、治療中にタイミングありますしね」とまで。

2人して大ショックでその日はご飯も喉を通らず、眠れなかったです。
外科の先生と頑張りましょうねと別れて、治療に前向きになっているところだったのでまさにジェットコースターでした。

先生にしたら、若く、まっすぐな気持ちで正直な仕事をしようとしたのかも知れません。
そして、私どももまだ戸惑っている状況で、ナーバスになっいるとも思います。
何事も初めてで、戸惑う事ばかりです。

結局は人間同士ですので難しいですね。

すみません。ほぼ愚痴になってしまってますよね。
皆様はどのように主治医とコミュニケーションを取られているのかご教授頂けると幸いです。工夫?みたいなものはあるのでしょうか。

ちなみに、今はこちらのサイトに出会って、何とか気持ちを上向きにさせていただきました。
よろしくお願いします。

   回答とコメントを見る  15 件

【運営】非営利NPO法人5years
    がんコミュニティサイト(無料)

【会員登録者】

  • がん患者(17,343人)に向けて相談・質問できます。
  • 質問・相談(160件)の回答コメントを見られます。
    例)副作用・後遺症・不安・治療経過・受けた治療・近況ブログ

会員登録する


会員登録する